新らしき文学 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
1.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  雑誌の宣伝だった。が、たかが宣伝でなく、格好のいい清々しい宣伝だった。
     『文学は常に反逆だ』との文を反芻すると勇気の湧きたちを、私にも芸術を表現できるのではなかろうか、と志の芽生えを信じずにはいられなくなる。不思議な感性を昂らせる官能を坂口安吾の文章は沸き立たせる、光を集め照射するパラボラ状の鏡のようである。パラボラであるからには、映しだされた身姿は歪曲され、真実とは到底言えないような変形を読者は認めるだろうが、これを信じてしまうのだ。魔力がそこにあった。それは奇しくも、後述される、『文学の精神は現実へ反撥する時代創造的な意思』と語る作者の考えを読者に飲み込ませるには十分過ぎる魔力である。私は術中にハマり、まんまと私に私を反逆、破壊せしめたのである。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂口安吾の作品

新らしき文学を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする