木枯の酒倉から ――聖なる酔つ払ひは神々の魔手に誘惑された話―― [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字旧仮名
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 酔っ払いすぎることを忌んではいるのだが、それに抗えない身には沁みる、滑稽で愚かしいことはわかっているけれど、笑い飛ばすしかないとはしても、虚しく悲しい酔っ払いの性。
    うん、身につまされる笑

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂口安吾の作品

木枯の酒倉から ――聖なる酔つ払ひは神々の魔手に誘惑された話――を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする