魔都 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 3
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 戦前の東京を舞台に怪しい輩が跳梁跋扈する題名どおりの内容。
    もともと「新青年」での連載で、毎回講談っぽく作者の語りから始まるのがなかなか癖になるところでやんす。
    前半あんまりのめり込めなかったけど、真名子警部が動き出す中盤から一気に引き込まれたです。このあたりから作者の独白にもあるとおり、個性豊かなキャラクター達が自由奔放に動きまくってる感じがとてもいいです。
    その分、後半は駆け足で物語をたたんだ感がちょっと物足りなかったなぁ。
    特に早々に作者に「後で死ぬ」ことバラされちゃう、新聞記者・古市加十君の最期があっさりでかわいそうすぎる…

  • 大正期に広がりと高みを見せた大衆文学は昭和初期に爛熟します。
    「魔都」はこの時期に生まれた傑作です。
    昭和9年の大晦日から元旦までの24時間の出来事と設定を縛り、講談調で語られる物語は疾走する勢いで千変万化します。舞台である帝都東京はラビリンスの観を呈し、登場する男や美女たちは、多面性があり得体がしれません。
    既に満州事変から3年、先年には国際連盟から脱退するなど、時代は不穏な空気を孕んでいますが、文化的には明治以来の頂点をここに迎えます。
    これほどの小説が、青空文庫で気軽に手に入るとは、幸せなことです。

  • 基本は探偵小説であるけれども、都市を蠢くエネルギーと言いますか、そこへプラスアルファ何とも言えない『モノ』が含まれてますね。
    二転三転する話に苦笑しつつも、都市小説的な面白さ、ラストのあの展開と、これは何度も繰り返して読んで、あえてこの物語の世界で翻弄されたい楽しみ方をしたい作品でした。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1902-1957。作家。雑誌『新青年』などで活躍。「鈴木主水」で直木賞受賞、「母子像」で国際短編小説コンクール第一席。

「2015年 『内地へよろしく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久生十蘭の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×