金狼 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 遺産を相続する権利があるとの手紙で呼び出され、顔を合わせた数人の男女。集合場所であるバーの店主が惨殺されていたことで、事態は思わぬ方向へ進んで行く。

    自己中な奴らの間で誤解が誤解を呼び、やがて迎える遣り切れない結末。何しろ話がとっ散らかりすぎな上に、登場人物の誰に対しても好意を持てないので、あまり面白くなかった。碌でもない奴らが食い潰しあってるだけだな、という。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1902-1957。作家。雑誌『新青年』などで活躍。「鈴木主水」で直木賞受賞、「母子像」で国際短編小説コンクール第一席。

「2015年 『内地へよろしく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久生十蘭の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×