昨日・今日・明日 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 戦前戦後の様子を、二人の兵士の目線から描いた短編。ある意味、淡々と当時の状況をこまめに抜き出していて、ドラマティックさはない。しかし、そのタイトルの通り明日への希望をほのかに感じさせる。大阪出身の作者らしい、ふんわりとした大阪弁の口語が作品を和らげてくれる一作。
    ラジオ文芸館2013年6月1日にて朗読。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九一三(大正二)年、大阪生まれ。小説家。主な作品に小説「夫婦善哉」「世相」「土曜夫人」、評論「可能性の文学」などのほか、『織田作之助全集』がある。一九四七(昭和二二)年没。

「2021年 『王将・坂田三吉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

織田作之助の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×