銀河鉄道の夜 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 旧字旧仮名
3.67
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久しぶりに読んだ宮沢賢治。どんな場所で読んでいても、一気に銀河鉄道が走る世界に引き込まれました。独特の言葉使いや想像力を膨らませる美しい色の表現など、読んだ一人ひとりが美しい世界を自分の中に作れる素敵な作品だと思いました。

  • カムパネルラが川に入ったのを銀河鉄道に乗る前に知るバージョンは初めてだけど、旅の途中のふとしたことも、これまで気がつかなかったような意味を持って新鮮だった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1896年、岩手県花巻生れ。盛岡高等農林学校卒。富商の長男。日蓮宗徒。1921年から5年間、花巻農学校教諭。中 学時代からの山野跋渉が、彼の文学の礎となった。教え子との交流を通じ岩手県農民の現実を知り、羅須地人協会を設立、農業技術指導、レコードコンサートの 開催など、農民の生活向上をめざし粉骨砕身するが、理想かなわぬまま過労で肺結核が悪化、最後の5年は病床で、作品の創作や改稿を行った。1933年没。

「2020年 『十力の金剛石』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮沢賢治の作品

ツイートする