神童の死 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字旧仮名
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 子どもが純粋であり、善悪を超えた存在で、
    故にもっとも残酷でもある、という例えは
    古今東西たくさんあると思うけど、
    この事件ほどショックな事例は
    初めてです。

    白秋氏は、
    その無垢さや責任感にまで思いを馳せ、称えてているけれど、
    それというのは北原白秋氏その人が、
    この児童に自分の感情を重ねたり移入しうる
    心当たりが過去にあるのだということを感じた。
    思いがけない失敗、純粋な過失、で済まされはしませんが、
    とにもせよ、誰が誰を責められましょう、という途方の無さは私にも感じられます。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

詩人、童謡作家、歌人

「2019年 『ゆりかごのうた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北原白秋の作品

神童の死を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする