ある自殺者の手記 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 3
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自殺を今からする人がある人にあてた手紙。「論理的」に自殺する理由を書きつづっていて、ラストにやられた。

  • 作者の本名は小酒井光次。「小酒井不木」というペンネームが読めない(笑)。今では「こさかいふぼく」という説が有力。「医学博士・東北帝国大学教授」という肩書きを持つ面白い人で、病気で退職後、趣味だった「探偵小説」に専念する。

    『ある自殺者の手記』は題名通り、「自殺する男の遺書」だが「オチ」が上手い。『毒及毒殺の研究』の著者だけあって「毒・医学・病気」をネタにするのも得意だった。江戸川乱歩の才能を見出したのは、この人。

    昭和4年に39歳で死去したのが残念だが、ロアルド・ダールや阿刀田高のような「奇妙な味(変格ミステリ)・ブラックユーモア」の名手だと思う。

  • 自殺した男が、最も親しい”加藤君”に宛てた遺書。
    そこには自殺の動機が失恋であり、色々な自殺法となぜそれでは死ななかったのか、という理由が書かれていた。

    この男は恋愛では負けて、死の際に”加藤君”に勝利したのだ。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

推理小説作家。東京大学医学部卒、医学博士。1890-1929.医学的・心理学的知見を駆使した作風で屹立。代表作に、「痴人の復讐」「恋愛曲線」「闘争」など。

小酒井不木の作品

ある自殺者の手記を本棚に登録しているひと

ツイートする