牛車 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字旧仮名
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 聞きたい読みたい知りたいと思っていた落語家が出てくる噺、「牛車」。
    青空文庫にありました。

    落語つうのは口語文化、語調がいいので漢字があっても読みやすいもんです。

    ちなみに落語家噺のひとつ「べかこ」は桂米朝さんの著作に入ってます。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1839~1900。幕末から明治の落語家。人情噺を大道具・鳴り物入りで演じて人気を博す。近代落語の祖といわれる。代表作に「真景累ヶ淵」「怪談牡丹灯籠」「塩原多助一代記」など。

「2018年 『怪談牡丹燈籠・怪談乳房榎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三遊亭円朝の作品

牛車を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする