書物の倫理 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  冒頭、「本の箱は捨ててしまう」と書かれていて、衝撃的だった。
     私なら箱やカバーどころか、オビや折り込み広告の類いまで大事に取っておきます。
     本は大事に扱うので、汚れるのも嫌なのです。
     よく、
    「何度も読むので本がボロボロになった」
    という言い回しがありますが、私なら何度読んでも綺麗なままです。
     それと同じように、以前、出久根達郎が、
    「辞書を使う時、カバーや函は捨ててしまうものだが」
    と書いていたのを読んで驚いたことがありました。
     私が高校時代に使っていた英語の辞書は、今でも箱やオビがついています。
    (ほとんど使ってないんだろうという突っ込みはなしだ)
           
     それはともかく、この三木清の文章は1933(昭和8)年4月のものだとか。
     当時から本を取り巻く環境は大きく変わりました。
     今では一般の書店で箱入りの本はほとんど見なくなり、電子書籍まで出ています。
     出版点数も多くなり、再読に値しない本も点数稼ぎのようにどんどん出版されています。
           
     しかし
    「本は道具と同じように使うべきものだ」
    「自分の文庫(本棚)にはにはその隅々に至るまで自分の息がかかっていなければならない(=活用しなければならない)」
           
    という意見は拝聴して実行しなくてはいけないでしょう。
     本を道具のように使いこなして活用したからこそ、三木清は哲学者として後世に業績と名を残すことができたのです。
     私などは本を大切にする愛書家なのですが、積ん読の傾向が大いにあります。
     本は大切に所持しているだけでは駄目で、活用しないと。
     それにはまず、いつも思うのですが、速読のマスターが必要です。
       http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20170202/p1

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1897年、兵庫県生まれ。京都帝国大学哲学科卒。ドイツ留学を経て法政大学教授等を務めるが、1930年に法政大学を辞してからはジャーナリズムで活躍。1945年3月に検挙・拘留され、敗戦40日後の9月に獄死。享年48歳。著作は『三木清全集』全二十巻(岩波書店)にまとめられているほか、『人生論ノート』(新潮文庫)、『読書と人生』(講談社文芸文庫)などは文庫化されている。

「2017年 『三木清遺稿「親鸞」 死と伝統について』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三木清の作品

書物の倫理を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする