何を作品に求むべきか [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • だらだら事実だけを書くんじゃないってまるで論文の様だ……。要は内容のあるものを書きなさいってことかな。

  • 難しいが、多分作家にあてたエッセイ。提言なのか自戒なのか。逆のことも言えるよね、つまり批評家や読者としての要求とか態度とか。
    小川未明さんて詩を書いてた人?くらいの認識しかなく、柔らかい読書論かと思いきや、なかなか深いかもしれない文章でした。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

明治・昭和時代の小説家・児童文学作家。新潟県出身。「日本児童文学の父」と呼ばれ、『赤い蝋燭と人魚』『金の輪』などの名作を多数創作。

「2018年 『注文の多い料理店/野ばら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川未明の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×