三国志 09 図南の巻 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
4.73
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いよいよ曹操は増長の度合いを強め、それを諫めようとした荀彧、荀脩らの良臣が自ら命を絶ったり、首斬られたりするようになる。こうなってくると、周りはイエスマンで囲まれ、その威を借りるものたちがまとわりついてくるようになり、やがて腐敗し始めるのだろう、魏にもその兆候が見え隠れするようになる。
    一方、劉備は落鳳坡にて伏龍・鳳雛の片割れである龐統を失う。龐統は物語の中ではほとんどその叡智を見せることなく、また孔明の知力をねたんでその指示の裏を行って命を落とすというなんとも情けない幕切れで、徐庶よりも印象が薄い。もっと活躍の場を作って欲しかったというのは一ファンのねたみだろうか。
    劉備はやがて漢中も併呑し、曹操が魏王を名乗ったことに対抗して漢中王に上り詰める。これによってまさに魏・呉・蜀の三国が鼎立するが、いささか蜀は建国が遅きに失した感があり、やがて初期からの英雄たちが続々と舞台から退場していくことになる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

吉川 英治
1892年〈明治25年〉 - 1962年〈昭和37年〉。本名:吉川 英次。
様々な職についたのち作家活動に入り、『鳴門秘帖』などで人気作家となる。
代表作に『宮本武蔵』や『新・平家物語』がある。

「2024年 『吉川英治 大活字本シリーズ 三国志 第2巻 群星の巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉川英治の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×