雪 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 冒頭:
    雪と降雪地帯の暮らしが中谷の科学的視点を通して描かれる。
    内容的に鈴木牧之の「北越雪譜」に近い。

    中盤〜終盤:
    1.北大、十勝岳山麓での雪結晶(雪花)の観察、分類
    2.観察分類を応用して霜結晶を生成
    3.当時設立されたばかりの北大低温研で雪結晶生成
    と進む。

    一番興味深かったのは雪結晶は六花に代表される美しい対称性を持つものは種類的に少数派で、ごく簡単な対称性を持つ角柱や針状のものがランダムにくっつきあってできる雪結晶がかなりの種類を占めるという部分。

    また雪結晶の生成を通して、生成時の大気状態について推測している箇所も楽しい。

    多雪地帯で育った自分にとって、冬になると嫌になるほどありふれる降雪について科学的に言及している点が斬新だった。

    まとめると「大人の科学 特集 雪」といった感じ。降雪に興味を持つ人すべてにオススメ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1900年、石川県生まれ。物理学者。東京帝国大学理学部物理学科卒業。寺田寅彦に師事し、卒業後は理化学研究所で寺田の助手となった。イギリスに留学後、北海道帝国大学理学部助教授、翌々年教授となる。学位は理学博士(京都帝国大学、31年)。雪の結晶の研究や人工雪の製作に成果を上げた。随筆家としても知られる。62年没。著書に『雪』『科学の方法』ほか多数。

「2022年 『科学と人生』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中谷宇吉郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×