雨 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • オダサクの処女作という。あらすじのような小説だったけれど端々に目の覚めるような文章がある。喉の奥で転がして読んだとき、息のつまる、すんと湿った、叫びたいような声をころして泣きたいような途方にくれる切なさが肺をいっぱいにうめたようだった。安二郎と豹一はあれで案外いい父子なんじゃないですか。かわいい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九一三(大正二)年、大阪生まれ。小説家。主な作品に小説「夫婦善哉」「世相」「土曜夫人」、評論「可能性の文学」などのほか、『織田作之助全集』がある。一九四七(昭和二二)年没。

「2021年 『王将・坂田三吉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

織田作之助の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×