夢と文芸 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 論説文的な。物語かと思うと肩透かし。

    絵空事である小説や演芸を見ないと感動したり涙ぐんだりできなくなってきたことから、夢の捉えられ方について述べるのは興味深い。夢というものの意味合いの変遷。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1875年兵庫県生まれ。農商務省勤務、貴族院書記官長を経て、1930年代以降は民俗学の著作に専念し、研究会や雑誌を主宰した。おもな著書に、『遠野物語』『木綿以前の事』『海上の道』など。1962年没。

柳田国男の作品

夢と文芸を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする