ふしぎな人 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この作品は名探偵明智小五郎とその仲間の小林と少年探偵団のポケット小僧が怪人二十面相と知恵を絞って戦っていく物語になっており、その中で登場するお金持ちの木村さん家族どのように怪人二十面相と関わっていくのかが気になる作品です。木村さんの家の二人の兄弟たけしくんときみ子ちゃんが怪人二十面相と明智小五郎の戦いにどのように巻き込まれていくのかとはらはらしながら読み進めました。さらに明智小五郎と怪人二十面相の騙しあいにはいろいろなアイディアが盛り込まれており奇想天外なトリックも楽しみの一つです。明智小五郎と怪人二十面相の激しい戦いの描写もありいろいろな展開から予想できない結果になることもあり面白さが満載の作品です。ふしぎな人と題にあるように怪人二十面相が最初は林から始まり段々名前が変わっていき怪人に相応しい変化を遂げていくのも楽しみの一つです。少しひらがなが多くて読みづらいと感じることもありましたが、読み始めると止まらない作品でした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1894(明治27年)〜1965(昭和40年)、小説家。
1923年、『新青年』に掲載された『二銭銅貨』でデビュー。
1925年に『新青年』に6ヶ月連続短編掲載したうち2作目の『心理試験』が好評を得、初期作品は日本人による創作の探偵小説の礎を築いた。また同時期に『赤い部屋』『人間椅子』『鏡地獄』なども発表、幻想怪奇小説も人気を博した。
1927年に休筆したのち、『陰獣』を発表。横溝正史に「前代未聞のトリックを用いた探偵小説」と評価される。
1931年、『江戸川乱歩全集』全13巻が平凡社より刊行開始。
1936年、少年向け推理小説シリーズの第1話「怪人二十面相」を雑誌『少年倶楽部』に連載。太平洋戦争により一時執筆を休止したが、戦後再開し、子どもたちから絶大な支持を受けた。

「2021年 『人間椅子 江戸川乱歩 背徳幻想傑作集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江戸川乱歩の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×