道鏡 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
レビュー : 0
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前半は女帝の歴史やその背景が客観的に語られ、後半は道鏡と女帝との恋愛模様が織り込まれる。以前は傀儡であった天皇位だが、女帝の4代はいずれも主体的な存在だった、という作者の説は興味深い。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂口安吾の作品

道鏡を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×