樅ノ木は残った 01 第一部 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 底本は新潮社「山本周五郎全集第九巻 樅ノ木は残った(上)」「山本周五郎全集第十巻 樅ノ木は残った(下)」、上巻の四分の一あたりまではこりゃすげえ陰謀モノだとうきうきしていたのだが、読んでいるうちに個人的読書史における時代小説のありようがおもいだされてきて、次第に消沈していくことになった。

    「時代小説」という語感は、「時代」すなわち「歴史」に重きがあり、「小説」の意味合いが小さいと思うのである。「時代フィクション」であればそのような間違いは起こらなかったかもしれない。つまり、登場人物の心情などはフィクションであるにせよ、人物相関や出来事はそうであるまいという認識を、時代小説を読むようになってから一定期間もちつづけていたということである。時代小説で得た知識を当てにしちゃってた感のある時期を、一定期間、もちつづけてしまったということである。
    おつうさんが架空の人物だと知ってしまったわけである。ウェットな部分は信用ならんと痛切に思い知ったわけである。
    以後、時代小説のウェットな部分は問答無用ですべてフィクションと断定し、読書体験もある程度それに引きずられるようになったと思う。だからかもしれない、時代小説はあまり読まなくなった。

    上巻の四分の一あたりを過ぎた頃か、ウェットな描写が増えた。
    連載作品だからか。人気取りのためか。筆安めか。
    連載作品にありがちな方針の転換は感じられなかったが、そのぶんというか、ウェットな描写が多めだと感じられて、余計な勘繰りをすることになった。
    そして思う。上巻の四分の一あたりまでの路線で終始一貫した作品であったらどうだったかと。

    原田甲斐という人物の名前と「樅ノ木は残った」というフレーズを初めて知ったのは手塚治虫の短編『げてもの』である。時代劇なのに黒塗りの車とか登場しちゃう、いつものメタな手塚作風。『どろろ』のコミック巻末で読んだのは小学生の時だと思う。そもそも小説のタイトルであったことを知ったのはずいぶん後のことで、どんな人物のどんな物語であるかは知らずにきた。
    読中ちょっとぐぐってみたら、本書の内容は、歴史的評価とまっこうから対立するものであるらしいと知れた。それをとやかく言う書評は見受けられなかったが、いささか無理筋に見える結末=一般的史実とどのように対抗するのかということを第一の楽しみとして読むようになった。
    個人的な感想では、無理筋であろう。

    ともあれ、青空文庫は良い文明。関係者各位に感謝を。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

山本周五郎(やまもと しゅうごろう)=1903年山梨県生まれ。1967年没。本名、清水三十六(しみず さとむ)。小学校卒業後、質店の山本周五郎商店に徒弟として住み込む(筆名はこれに由来)。雑誌記者などを経て、1926年「須磨寺付近」で文壇に登場。庶民の立場から武士の苦衷や市井人の哀感を描いた時代小説、歴史小説などを発表。1943年、『日本婦道記』が上半期の直木賞に推されたが受賞を固辞。『樅ノ木は残った』『赤ひげ診療譚』『青べか物語』など、とくに晩年多くの傑作を発表し、高く評価された。 

解説:新船海三郎(しんふね かいさぶろう)=1947年生まれ。日本民主主義文学会会員、日本文芸家協会会員。著書に『歴史の道程と文学』『史観と文学のあいだ』『作家への飛躍』『藤澤周平 志たかく情あつく』『不同調の音色 安岡章太郎私論』『戦争は殺すことから始まった 日本文学と加害の諸相』『日々是好読』、インタビュー集『わが文学の原風景』など。

「2023年 『山本周五郎 ユーモア小説集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本周五郎の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×