書の深淵 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 旧字旧仮名
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  なんと公開がつい最近。外国人がすごい漢字をTシャツにしたり入れ墨にしたりする感覚はまさに芸術的感覚が大きく占めている例(意味を知ると「ええー?!w」ってなることもあると思うので)。書をしたためた時に文字の形だけじゃなくて、文字の意味合いも含めた形の作り方?も考えられているのなら、それは意味と芸術的なところが合わさってると言ってもいいんじゃないかなと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

詩:詩人・彫刻家。高村光雲の長男。東京美術学校卒業後、欧米に留学してロダンに傾倒。帰国後、「スバル」同人。耽美的な詩風から理想主義的・人道主義的な詩風へと転じる。代表作:「道程」「智恵子抄」「典型」「ロダンの言葉」等。


「2013年 『女声合唱とピアノのための 組曲 智恵子抄』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高村光太郎の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×