ブクログ まとめ
  • まとめを作成

アヤカシと人と

lisaさんのまとめ

lisaさんのまとめ

ジャンル : / 小説・文芸

作成日 : 2013年6月7日

更新日 : 2013年6月7日

  • 肩ひじ張らないカンジのアヤカシ小説を集めてみました。

  • ただ今、「ちょんまげ」シリーズを読み進めているところです。

  • lisaさんのまとめ

    アヤカシといえばこの作品、といった勝手なイメージが私にはありますが、みなさんはいかがでしょうか?ご存知「しゃばけ」シリーズの1作目です。
    この作品はアヤカシというより妖といった感じでしょうか。人間と同じように暮らしているのにやっぱり人間ではなくて、気まぐれに生きて大切なものだけは全力で守る。ものが物であろうと者であろうと。佐助と仁吉の二人からそんな気持ちを学んだ1冊です。

  • lisaさんのまとめ

    香月日輪さんの作品、シリーズ1作目です。
    この方の作品は何度読んでも、というか読めば読むほどじ~んとくるお話です。セリフがいつも的確で、落ち込んだ時に浮上させてくれるパワーがあります!

  • lisaさんのまとめ

    香月日輪さんの作品、シリーズ1作目です。
    既に単行本では完結していて、残すところ文庫2冊(予想)というところでまさかのカバー一新…!買うべきか買わざるべきか悩んでおりますが、それは置いといて。
    こちらも何といってもセリフが魅力!人生の先輩方が悟りきったように「いいんじゃない?ただし自己責任で」と言ってくれる、そんな場面がいくつもあって、本当に目からウロコが何枚落ちたことか!

  • lisaさんのまとめ

    児童書です。表紙にインパクトがあります(笑)。
    それまで個人的に、妖怪一家というのは同じ妖怪同士の家族だと思っていましたが、この本で見事覆されました。お父さん(おじいちゃん?)・ぬらりひょん、お母さん・ろくろっ首、その他妖怪のオンパレードです。そして人間社会との見事な共存を、彼ら一家に教えてもらいました。

あなたの「アヤカシと人と」 まとめをつくろう!

ツイートする