ブクログ まとめ
  • まとめを作成

2013 ハマッたBL コミックス編

komopyさんのまとめ

komopyさんのまとめ

ジャンル : マンガ / BL

作成日 : 2013年12月27日

更新日 : 2013年12月27日

  • 2013年に200冊ほど読んだBLコミックスの中から、心に残った作品を10冊選びました。読み返す確率が高いものだったり、手元に置いておきたいものだったり。他にも良作はいっぱいあるけど、それは本棚レビューで。

  • komopyさんのまとめ

    今年一番心に残った作品。噂がすぐに広がってしまうような田舎の町で、皆とは違う自分のセクシャルマイノリティを自覚して悩み揺れ動く思春期のデリケートな心情が、リアル感あふれる容赦ないタッチで描かれています。ヘビーな普遍のテーマを扱っているけど、そこは笑いあり涙ありホラー?ありで、魅了されたまま最後まで読んでしまいました。読後の余韻がすごくて胸がいっぱいに。

  • komopyさんのまとめ

    今年2巻目まで出ましたが、さすがだな~と圧倒されました。絶対合体できないじゃん!…と思われる893とその用心棒が主人公。淫乱と不能という相対するキャラクターに魅了され、読み進むうちに彼らの思いも寄らない内面性にはっとさせられるんですよね…やられた!と思いました。BLだから、という甘えが一切ない裏社会の非道な描写も迫力満点です。でも、ミラクルにも不能相手に煽られるシーンは続出。すごい。表紙も扇情的ですよね…

  • komopyさんのまとめ

    岡田屋センセの作品はガチゲイ寄りで、だからこそ男同士の愛情や悲哀が濃厚でリアル感が抜群なんです。何とも言えない感動的な余韻をいつも漂わせている作品ばかりで全部好きです。「タンゴの男」もよかったけど、「ライアテア」もすごく感動しました。カバー下、うっとりです!いろんなものを失ってきたゾムが夢と希望の糧にしているのは、美しいマニとの再会です。ゾムが憧れてきた人は、侮蔑され辛酸をなめてきたことで今では本来の自分の姿を否定して生活していて。
    ストイックな生き方の奥に秘められたエロスに煽られます。

  • komopyさんのまとめ

    「坂の上の魔法使い」完結編です。壮大なファンタジーの終幕。この手のファンタジーは物語の決着をどうつけるかで全体の出来不出来がはっきり出てしまいがちですが、これは文句なしに素晴らしかったです。矮小な恋愛ストーリーにとどまらない、スケールの大きさに圧倒されっぱなしでした。読むとハマります。

  • komopyさんのまとめ

    派手さはないけれど、ものすごく繊細できれいな絵柄で魅了されました。ファンタジックでSFぽいのですが、どことなくノスタルジックな雰囲気があって、萩尾センセのあの感じを彷彿とさせ、とても好ましいです。無機質なものを無機質に描いていないし、優しさがあふれているのがいいんですよね。表題作は、星を作る研究材料に亡き恋人を思って零してしまった涙が混入してしまい、星の子が製造されてしまうという話。切ないけれど愛おしさで胸がいっぱいになります。

  • komopyさんのまとめ

    シリーズ完結編。感動してしまって、号泣!涙が止まりませんでした。絵柄で食わず嫌いだった作家さん。ほんとに深く反省しています。家族を全部亡くして生きる気力を失っていた秋緒は、同居人?の自称からかさおばけのキッカに助けられながら古道具屋の「明日屋」を切り盛りする毎日。面妖な客が持ち込む道具はどれもいわくありげで、その度に秋緒は生死の因縁が巻き起こす不思議な騒動に巻き込まれてしまいます。
    …これ、ほんとに衝撃の真相が明かされたときには、もう涙しかありませんでした。ARUKUセンセは、すごいストーリーテラーです!

  • komopyさんのまとめ

    高校の同級生だった3人。三角関係のような、3Pのような、微妙な立ち位置。幼馴染みのタケと、昔から何でも共有してきた拾。拾は、見た目かわいくて受っぽいけど、地味で無口なタケとは対照的に積極的で社交的です。そんな拾が、今度は自分を好きだという、ちょっと凶暴そうでコミュ障気味のミネを二人で共有しようと言い出して。
    エロいです。エロいけれど、人間関係そして、感情的にはとてもフクザツで考えさせられます。危ういながらも、今のところは何とか均衡を保っている3人。このトライアングルが崩れる時が怖いです!

  • komopyさんのまとめ

    ずっと見守り続けてきたcpも、いよいよ大学生活に突入です。ほんとにかわいくて微笑ましい二人ですよね。そして、真矢がなんだかものすごくカッコよくなりました~成長しています!そして、何といっても二人のメロメロでラブラブなHシーンは萌えの極致。見飽きません…
    眠傘も、今までは受動的だったけど、だんだん自分からも積極的に愛情表現ができるようになってきて、ますます微笑ましいです。絵がいちだんと上手くきれいになっていて、人物の先端にまで神経が行き届いていて見飽きることがありません。

  • komopyさんのまとめ

    きれいで繊細な絵柄で、シリアスタッチなのに、そのまんまギャグ絵になってるのが独特でインパクトある作家さんです。ストーリーもアダルトな絵柄で、かわいい男心を描いていて、ギャップ感が面白いです。そして、カラダの描き方が着衣も裸体もデッサンがしっかりしていて絡み方もバツグン。メガネで上等スーツの胡散臭い笑顔がいけ好かない年下男と、男前な心の持ち主だけど恋にはちょっと臆病なデザイナーの、まじめすぎてニヤけてしまう恋物語です。脇キャラも凄くイイ味出してます!DT攻のヒット作!地味に萌え上がります。

  • komopyさんのまとめ

    とても、萌えツボをついてくるのが上手い作家さんです。「オタバレ」という大変身近なテーマで一気にひきつけられました…ちょっぴりSなリア充×超ヲタ充のリーマンラブ。ヲタであることを会社でひた隠しにしていた森久保は、ヲタ仲間とのオフ会を楽しんでいたところを会社の後輩である高垣にみつかってしまいます。
    リアルな恋愛にまったく免疫の無い森久保が、イケメン男に振り回されるうちに恋に落ちていく姿にキュンキュンさせられました。ファンタジーの極みですね。理想系wwwでも、身に覚えのあるネタで、何回も笑ってしまうところがちょっと悲しい…そして、何といってもエロが上手い作家さんです。ものすごく萌えます。コスプレHとかちょっとヲタくさいところがたまりません!同時収録の「キミのとこまで」は幼馴染みものですが、鉄オタの話でツボど真ん中でした。「とっとと俺様のチンチン電車にお乗りください!」と運転士に言われてしまった鉄ヲタリーマンの春樹の話です。百回笑いました。

あなたの「2013 ハマッたBL コミックス編」 まとめをつくろう!

ツイートする