ブクログ まとめ
  • まとめを作成

崩壊する日常、世界終了のお知らせ

薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

ジャンル : マンガ / 青年マンガ

作成日 : 2014年9月9日

更新日 : 2014年9月10日

  • サバイバル・パニック・ホラー

  • 平穏な日常から物語が始まり、徐々に異常が起こり始める。ゆっくりと崩壊していく世界の中で、生き残りをかけて足掻く主人公たちの物語。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    漫画家としてのデビューを目指すがいつまで経ってもうだつが上がらぬ冴えない青年が主人公。平穏な日常から物語りはスタートするが、何の前触れもなく街にするりと現れたゾンビから感染が広がり、徐々に社会体制が崩壊していく様子が描かれる。
    お定まりのパニック情景から、人間同士の争い、新人類、謎の生命体などなど、物語の焦点が移り変わっていく。
    2014年9月現在、15巻まで発売し、なお続く。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    突然ゾンビの群れに襲われた高校生の少年少女達が、生き残るために協力し合って戦い抜いていく。
    作者は元々成人漫画を描いていたので、絵柄は実に肉感的でセクシー。サービス精神も溢れる。
    また、キャラクターたちがなかなか魅力的。
    2014年9月現在、7巻まで発売。残念ながら原作者の都合により長期休載中。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    ある日突然、海から4足歩行する魚の群れが上陸し、人間たちを次々と襲うお話。
    腐敗、腐臭、悪臭漂う世界がグロテスクな絵で描かれる。
    全2巻。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    平和な町が巨大な昆虫に襲われるお話。
    徐々に巨大化し、大群で押し寄せてくる。
    豪快に巨大化していく様がいっそ楽しい。
    全4巻。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    突然現れた巨大な怪物の群れに襲われ、生き残るために高校生の少年少女達が逃げて逃げて逃げまくる。
    この怪物はいったい何者なのか。国は何を隠してるのか。主人公たちは生き残れるのか。
    敵役として登場する教師が異彩を放つ。
    謎が謎を呼ぶやりすぎ巨大怪獣パニック。
    全13巻。続編の予定あり。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    ネズミの群れが人々を襲うお話。
    パニックムービーをそのまま漫画化したような内容でなかなか秀逸。
    この作家はこの手のパニックモノを得意としているので物語が安定している。
    全3巻と言う短編なところもグッド。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    遺伝子操作された食用肉が暴走し、人々を襲うお話。
    増え続ける人口とゴミ問題を一度に解決するため「あらゆる物を食べて成長し、しかも食用になる肉」として生み出された生物「B・M」。
    農場から逃げ出したBMが街で増え、人々を襲い始める。
    社会体制が崩壊していく中、生き残るために主人公で小学生の少年少女達ががんばる。
    この作品も、少年たちの友情と努力がなかなか熱い。
    全12巻で、この手のパニックモノとしては意外と長編。
    短編で終わるところを、人気の都合で連載が続いたのではないかと思われる。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    「ツチノコを捕まえて5000万円をゲットしよう!」
    TV局が企画したミステリー・サバイバル・ツアーで伝説の無人島に赴いた老若男女たちが、島で謎の生物に襲われるお話。
    全3巻でコンパクトにまとまっているので中だるみしづらく、楽しみやすい。
    ※閉鎖された無人島が舞台なので「世界終了」というこのまとめには当てはまらないかも知れず。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    修学旅行中の中学生たちが乗ったジャンボジェット機が墜落。ジャンボは不時着し、多数の中学生と、同乗した大人たちも生き残った。が、島の様子がおかしい。
    見たこともない動物たちが生息する島で、帰還するための手段を模索する学生たち。
    そこへ、はるか昔に絶滅したはずの巨大な生物が襲い掛かってくる。
    秀逸な点は、恐竜ではなく巨大哺乳類に焦点を当てているところ。
    ティラノサウルスやステゴサウルスではなく、ディアトリマやメガテリウムが登場してくるところが実に面白い。
    また、パンチラやヌードなどのサービスシーンも豊富だったりする。
    巨大生物との死闘、少年少女達の恋愛と対立、謎の解明などなど、色々詰まった傑作。
    全21巻。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    小学校が丸ごと異空間へと漂流する。
    流れ着いた先には人類の文明はなく、不気味な怪物が跋扈している。
    食料もろくにないその世界で、小学生たちが生き残るために苦しみもがく。そんなお話。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    修学旅行帰りの主人公たちを乗せた新幹線が大きな衝撃を受けて脱線してしまう。
    暗闇の中で目を覚ます主人公。どうやらトンネルの中で生き埋め状態になっているようだ。
    閉鎖された空間で正気を失った同級生と対決する主人公。
    ようやくのことで地下から脱出するも、すでに世界は一変していた。
    主人公たちは生き残れるのか?みたいなお話。
    全10巻。

  • サバイバル・パニック

  • 上記サバイバル・パニック・ホラーと比べるとホラー要素が薄い作品群。
    が、サバイバルやパニック要素には共通する部分が多い。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    とある島への旅行で大型客船に乗り込んだ若者グループが洋上で青春を謳歌する。
    そんな中、空を走る一筋の流星。
    不気味に赤く焼ける空。
    降り注ぐ塩水の雨。
    そして、巨大な津波。
    船は転覆し、若者たちは漂流する。
    すっかり様子の変わってしまった世界の中で。
    全5巻。

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    巨大地震で沈没した日本列島。
    たった一人取り残された少年が、生き残るためのサバイバルを模索する。
    ゴルゴ13のさいとうたかをが描く、サバイバルコミック。
    サバイバルと言えばまずこの作品。
    パニック要素は薄いかも知れず。
    文庫版は全10巻かな?

  • 薄螺羽蜻蛉さんのまとめ

    巨大地震で地下鉄内に取り残されてしまった人々の織り成すヒューマンドラマ。
    ※サバイバルパニックと言えるが、この作品も「世界終了」と言うほどの規模ではない。
    全2巻。

  • カタストロフSF

  • サバイバルやホラーとは違うが、崩壊する日常、終わる世界と言う意味で共通するSF的作品。

あなたの「崩壊する日常、世界終了のお知らせ」 まとめをつくろう!

ツイートする