ブクログ まとめ
  • まとめを作成

2014 ハマッたBL コミックス編

komopyさんのまとめ

komopyさんのまとめ

ジャンル : マンガ / BL

作成日 : 2014年12月24日

更新日 : 2014年12月26日

  • 2014年、いい作品がいっぱいあった中で勢いを感じた10作。

  • komopyさんのまとめ

    潔癖症でBLエロとは果てしなく縁遠い城谷が、まさかのエロ展開。ものすごく萌えました。でも城谷は相変わらず天然発揮していて、あちこちでキュンキュンさせられてしまいました。
    そんな城谷に、とうとう我慢に限界がきてしまった黒瀬ですw気遣いながらも、ギリギリまで強く攻めてるのがツボ。さりげなくHENTAIちっくなのがさらにツボ。


  • komopyさんのまとめ

    戦慄のサイコサスペンス。その上、ラブ面エロ面でもたっぷり魅せてくれて、手に汗握るだけじゃなくふっと脱力できるシーンも満載。サービス精神に溢れていて満足しました。
    すごい画力の持ち主。アングルや表情に迫力があって引きこまれます。読み終わったあと、暗示的な表紙イラストを眺めて納得したり。ガン見です。
    克哉の色気がヤバすぎです。それに篠原にはびっくりするくらいキュンとさせられましたw
    真実が明かされるのが待ち遠しいです。

  • komopyさんのまとめ

    やっぱりエロい!!
    ページ全体からエロい何かがにじみ出ています…
    濃厚エロなHシーンざんまいなんだけど、ただヤってるなけじゃなく、そこに至るまでのあれこれがはっとするほど絶妙です。やたももの会話にキュンとしたり笑ってしまったりというノリの軽さもありながら、たまらなく切なくさせられてしまうストーリー展開。
    ただのエロエロじゃないところが、ポイント高いです。

  • komopyさんのまとめ

    派手さは無いけれど、しみじみとさせる良心的で繊細な作風がとても好きです。
    ファンタジーものが素晴らしいのですが、こういう初々しい青春ものや「Night&Go」のような10年愛、再会ものもすごくよかったです。
    「雨のゆめふる」は人生の脚本を書く「脚本家」の男と、詩を作っている学生の話。『ベルリン・天使の詩』のオマージュ作品ですね。現実と非現実の共存にはっとさせられます。これほんとに良い話です!

  • komopyさんのまとめ

    俺様で人気ナンバー1俳優の賀神×素直になれない甘えたの真悟。イチャコララブラブな二人の前に賀神兄が現れ不穏なムードに。
    真悟が精神的に成長して強くなったのが伝わってきました。真悟なりに賀神のことを深く想う気持ちが芽生えていてキュンとなりました。その分、賀神の方が真悟に甘えているような気がしてきました…!でもHでは真悟を甘やかしっぱなしの泣かせっぱなしですけどね~激しいエロもポイント。

  • komopyさんのまとめ

    大正浪漫。好きな世界観でした。絵柄と話の内容がぴったりはまっています!
    制約や障害が多ければ多いほど恋が燃え上がり、それを乗り越える恋人同士の姿に感動して涙。現代ものじゃ絶対出せない萌え感です。
    そんなロマンティックな大恋愛に久々に遭遇できました。

  • komopyさんのまとめ

    これが初コミックスだということですが、びっくりするくらい高品質です。久々の大型新人。
    一言で説明するなら、ハイスペックエリート爆笑BL。
    官僚ものらしく硬質で格調高い美麗な絵柄でありながら、すごいギャップでオチがついていて、これはなかなかやられます。
    アダルトな雰囲気も内容にぴったり。

  • komopyさんのまとめ

    PNからは想像できないほどきちんとした絵で、デッサンもしっかりしていてキャラの表情が豊かです。
    表題作はリア充わんこな年下大学生に強力に迫られてしまう32歳DTの話。一生懸命大人っぽくふるまう姿が笑えてかわいくてキュンキュンさせられました。
    小さなことで浮上したり撃沈ししたりの恋わずらいが、ずばっと描かれていてインパクト大な一冊でした。

  • komopyさんのまとめ

    下ネタで大爆笑しながらも萌えるものがちゃんとあって、レベルの高いエロコメ。
    身体だけの繋がりじゃない、というのが好印象でした。身体から始まる恋愛ものは難しいと思うんですが、説得力がしっかりあって心に残るものがありました。溺愛鬼畜系でよかったです。
    絵もすごくきれい。

  • komopyさんのまとめ

    BL的リアル感があるリーマンもの。理解ある職場での恋愛ですが、まだ偏見もあり仕事への影響も否めなくて本人たちもそれを充分理解しているのがまた切なくなります。
    愛し合っているからこその誤解に、苦悩して葛藤する徳永の心の内を思うと涙が止まりませんでした。
    高梨がそんな徳永に、人それぞれの愛の形があって幸せの形があって、ただ一緒にいることが自分の幸せと言葉にしてくれたのがほんとに感動でした。
    すごく心に沁みるラブストーリーです。

あなたの「2014 ハマッたBL コミックス編 」 まとめをつくろう!

ツイートする