ブクログ まとめ
  • まとめを作成

海外ノンフィクションを読む。

日獣大図書館さんのまとめ

日獣大図書館さんのまとめ

ジャンル : / ノンフィクション

作成日 : 2015年8月20日

更新日 : 2015年8月21日

  • サイエンスを中心に当館所蔵のノンフィクションを集めてみました。

  • 日獣大図書館さんのまとめ

    医学書の基本中の基本として、医学書界の聖書やシェークスピアと言われている「グレイ解剖学」。その生みの親が二人のヘンリー、執筆のヘンリー・グレイと画家のヘンリー・ヴァンダイク・カーターである。

    グレイ解剖学がどのようにして出版に至ったのか、2人のあゆみとそれを支えた人たちの物語。

  • 日獣大図書館さんのまとめ

    1918年、第一次世界大戦の最中に突然現れ大流行したインフルエンザ、通称スペイン風邪。

    アメリカが発生源のこのインフルエンザがなぜ”スペイン”なのか、戦時下という環境で爆発的に広がった恐怖と混乱。正体不明の新型インフルエンザの実態をさぐり、命がけで病気の解明へと向かう科学者の奮闘のノンフィクション。

  • 日獣大図書館さんのまとめ

    パンダはどこから来たのか パンダは何者か パンダはどこへ行くのか…

    みんなの人気者パンダ氏だが、いつどのように人間の前に現れて、どんなところが人間に愛されて、いまのようなアイドルになったのか。パンダの歩んできた歴史と、環境保護のシンボルや政治的カードとして利用されているパンダ氏のこれからを考えるノンフィクション。

  • 日獣大図書館さんのまとめ

    2006年秋、養蜂家を襲った衝撃。
    次の春には北半球から4分の1のハチが消えた。

    ハチが少なくなれば植物の授粉も満足に行われず、人間の食への影響も大きい。
    電磁派、ウイルス、農薬など様々な可能性の中から見えてきた答えとは。

  • 日獣大図書館さんのまとめ

    地球に万が一の事態 ー例えば小惑星の襲来や核戦争、そして避けがたいように思える地球温暖化などー が起こった際、植物の種子を収集・保護し、世界が滅びかかっても生き残った人類で再び農業ができるように存在する「地球最後の日のための貯蔵庫」。

    その設立に尽力した伝説の植物学者ベント・スコウマンの伝記的一冊。

  • 日獣大図書館さんのまとめ

    スーパーに行けば確実に置いてある身近な果物バナナ。

    栄養価が高く、世界でいちばん空腹の人を救っている食べ物らしい。
    米よりも、じゃがいもよりも。

    有史以前より存在していたバナナは、世界中を巻き込んだ暗黒の歴史と深刻な農業問題を抱えながら絶滅へ向かっている。将来の美味しいバナナのために、バナナによって起きたこと、バナナに対してできることを知り、考えるノンフィクション。

  • 日獣大図書館さんのまとめ

    みんな大好きアイスクリーム。

    古くから各国で様々な形のつめたいものが食されてきたが、現在のアイスクリームの最初のものはイタリアで生まれたとされている。

    フランスに今もある世界最初のカフェ、ル・プロコップからコンビニでも買えるハーゲンダッツまでアイスクリームの長く深い歴史が紹介されている。

    巻末にはアイスクリームのレシピも。

  • 日獣大図書館さんのまとめ

    安くて美味しい食べ物がどこでも買える。
    そのために築き上げられたシステムと、そのシステムのもたらす未来とは。

    より安全でより安定した食品供給を持続させるために我々はどうするべきなのかを考えさせるノンフィクション。

あなたの「海外ノンフィクションを読む。」 まとめをつくろう!

ツイートする