ブクログ まとめ
  • まとめを作成

2015年ベスト10冊

kwrlogさんのまとめ

kwrlogさんのまとめ

ジャンル : / 小説・文芸

作成日 : 2015年12月31日

更新日 : 2015年12月31日

  • 2015年に読んだ本の中からベスト10冊を選んでみました。迷いましたが今年もランキング形式ではなく箇条書きで、読んだ順です。ランキング形式にすると、やっぱりなかなかしっくり来ませんね。

  • kwrlogさんのまとめ

    今年良かった10冊というよりも、良く読んだ10冊なのかもしれません。大箱に二冊収められた総ページ数は1000P超え。タイポグラフィが多用されて読むのに非常に難儀しました。しかし帯(?)に書かれているような様々なエンターテイメントのジャンルをごった煮にして仕上げたその闇鍋のような味は、なかなか味わうことができないでしょう。とにもかくにもいろんな意味で圧倒された一冊でした。

  • kwrlogさんのまとめ

    らいちシリーズ、まさかの二年連続ランクイン。前作と異なり短編集なのですが、『早坂節』というものがもう確立されてるような気がします。相変わらずのしょうもなさ(褒めてます)。まあなんというかもうこの人はこの作風のまま突っ走って欲しいです。ただ趣向を変えた『RPGスクール』はイマイチはまらなかったので、らいち以外でも実力が発揮されるかが気になるところです。

  • kwrlogさんのまとめ

    読後「ああこれは今年のベストになるだろうな」と思い、ブクログ初の5つ星を思わずつけさせていただいたくらいクオリティの高い短編集でした。あまり見たことはないのですが感触としては『世にも奇妙な物語』に近いのでは? 表紙の絵のテイストが気に入った方はぜひ読んでみてください。

  • kwrlogさんのまとめ

    デビュー初期からずっと追い続けている中村文則ですが、最近のエンターテイメント傾向にあまりついていけず、初期の頃の心の底をえぐる作品をずっと望んでいました。著者HPにこの次のステップに行くには大長編しかない、と書かれてあり、待ちに待ったのがこの作品でした。頻発する安いポルノ描写にはやや閉口せざるを得ないのですが、後半のカタルシスはすばらしいものでした。間違いなく彼の総決算と言って良いでしょう。

  • kwrlogさんのまとめ

    日本翻訳大賞第1回受賞作。なんと表現すれば良いのか、どう分類すれば良いのか非常に難しい作品です。小説のようでありながら小説ではなく、では歴史書なのかと言われたらそうとは言い切れない、そんな作品です。しかし、一冊の本として非常に面白い本でした。同時受賞の『カステラ』は今回ベスト入りは見送りましたが、日本翻訳大賞、今後の展開にも期待です。

  • kwrlogさんのまとめ

    タイトルに惹かれ、思わず手に取った一冊。久しぶりに金原作品に触れましたが、やはり彼女の作風は非常に好みなのだと再確認すると同時に、以前の作品に見られた過剰な自意識の主張が抑えられ、客観性が増すと同時に作品に深みを与えています。おそらく転換点となったであろう『マザーズ』読まねば。

  • kwrlogさんのまとめ

    顔に障碍を持つ主人公が学校に通うことになり、今まで触れることのなかった人々と出会い、様々な出来事に巻き込まれていく話なのですが、大変感動的で良かったです。中高生向けの本になるでしょうが、「普通」とはどういうことなのか、大人が読んでも考えさせられる本だと思います。

  • kwrlogさんのまとめ

    デビュー作『指の骨』は正直あまり印象に残らず、するするっと読んでしまった印象だったのですが、この作品を読んでその評価を改めるに至りました。戦中の病院の風景、様々な人物造形、心象の変化など、すべての描写に油断がなく、圧倒的な筆力を感じました。惜しくも芥川賞は逃しましたが、この作品であれば与えられても良かったのではと思います。

  • kwrlogさんのまとめ

    これがベスト…と去年も最後に読んだ『掟上今日子の備忘録』でも書いたので、やはりどうにも記憶力の悪い自分には、最近読んだ作品の色あせる前の印象が拭えないようです。予想の読めない展開、突然の暴力的描写、歴史的事件とのリンクなど、阿部和重、中原昌也などの作風に似たものを感じて大変好みです。なんとなく次作が出るのか非常に不安ですが…。

  • kwrlogさんのまとめ

    川上未映子の久しぶりの作品。彼女の作品は徐々に変化して初期のとげとげしい独特の言葉遣いは鳴りを潜めているものの、その言葉選びのセンスにはやはり特異な才能を感じます。主人公の小学生二人の見る世界、遭遇する出来事、それぞれの「あこがれ」。それらが柔らかく包み込むような言葉で描かれています。思春期にさえまだ入っていない二人の、少しだけ苦い物語です。

  • 以上で今年の10冊は終わりです。紅白を見ながらこれを編集することが毎年の恒例になってしまうかもしれません…。今年は自身の身辺に様々なできごとがあったのであまり読書する余裕がなかったので、全体的にランキングがざっくりした感じになってしまいました。特に日本のいわゆる硬めの純文学が全く入ってないのは、ちょっと悔しいです。来年はもっと本を読んでランキングも充実させられればと思います。では、良いお年を。

あなたの「2015年ベスト10冊」 まとめをつくろう!

ツイートする