ブクログ まとめ
  • まとめを作成

1巻完結のお薦め漫画part2

片桐安十郎さんのまとめ

片桐安十郎さんのまとめ

ジャンル : マンガ / その他

作成日 : 2016年2月8日

更新日 : 2016年2月15日

  • 皆さんどうもこんばんは、片桐安十郎です。
    1巻完結のお薦め漫画シリーズpart2です。
    気軽に見てくださると幸いです。

  • 大人の恋愛を描いた漫画

  • 片桐安十郎さんのまとめ

    葬儀社で式典補佐のバイトを務める主人公、めめが、教育係の黒川に恋をする話。
    黒川のドSっぷりがたまらない作品。
    めめの何も考えていないようで、過去のしがらみに縛られている節がある所がたまりません。

  • 片桐安十郎さんのまとめ

    外国でも評価の高い漫画家、高浜寛先生の作品。
    舞台は幕末の長崎県の遊郭で主人公は花形の遊女。
    この作品で描かれるのは遊女の恋愛ですが、そこに汚らしい心なんてありません。
    大人の純愛がこの作品では描かれます。
    素晴らしい日本の邦画を見たような感覚になれる作品ですので、ぜひとも読んでみてください。

  • 考えさせられる社会派の漫画

  • 片桐安十郎さんのまとめ

    2000人に1人の割合で鬼が生まれてくる世界での話。
    この世界では鬼という言葉は差別的だとして鬼は頭部突起症という名称で呼ばれています。
    そして、鬼は様々な面で周りから差別的だったり逆差別的な扱いを受けたりします。
    例えば頭部突起症の天才バイオリニストなどという持ち上げ方でメディアに紹介されたりするのです。
    僕はこの作品はフィクションでファンタジーですが、現代人からするとあながち非現実的なことではないと言えると思います。
    皆さんもLGBT、外国人、障がい者、などと照らし合わせ重ねてみると何かを感じることが出来ると思います。

  • 片桐安十郎さんのまとめ

    初期のアルツハイマー病を患っている主人公、エミリオが、老人ホームで生活していく中で描かれる、老人ホームの実態と残酷な老いという現実を描いた作品です。
    読み終わった時にこの老人たちのことがたまらなく愛しいと思えますので是非とも読んでいただきたいです。

  • 作者にまつわる自伝漫画

  • 片桐安十郎さんのまとめ

    睾丸のガンを患った。作者自らの実体験を描いた作品。
    同じ病室でガンと戦う患者たちとの心温まるエピソードや、献身的に作者を支える妻の姿や、職場のアシスタント達の話であったりと、どこかで必ず何かを感じれる作品だと思うので、是非読んでみてください。

  • 片桐安十郎さんのまとめ

    ピコピコ少年などで自身のゲームにまつわるエピソードを描いてきた。押切蓮介が、自身の母の半生を描いた作品。
    母の半生から見える母の人としての生き様や、教訓などを見ることができるので是非読んでいただきたいです。

  • 片桐安十郎さんのまとめ

    13歳の若さでちばてつや賞を受賞し、漫画家としてデビューするものの、同年精神病院に入院した作者の15年以上に渡る闘病生活と人生の道草を描いた作品。
    かなり重いテーマを扱いながら、どこか笑ってしまう道草晴子先生の言葉のチョイスがたまりません。
    読めばきっと何かを感じられる。ネガティブなりにも頑張っていこうと思える作品です。

  • 片桐安十郎さんのまとめ

    風俗店でくも膜下出血になってしまった。作者の闘病生活を描いた作品なのですが、不思議と感動は起きません。
    それは作者の思考回路が性的なことでいっぱいだからです。
    それが最高に面白い所ですので是非読んで頂きたいです。

あなたの「1巻完結のお薦め漫画part2」 まとめをつくろう!

ツイートする