ブクログ まとめ
  • まとめを作成

不思議な世界観の漫画まとめ

きのとさんのまとめ

きのとさんのまとめ

ジャンル : マンガ / その他

作成日 : 2012年11月11日

更新日 : 2012年11月11日

  • きのとさんのまとめ

    前半のほのぼのとした雰囲気からして作者独特の雰囲気があり、人を選ぶとは思います。然し、その雰囲気こそがこの作品の真髄。物語が進むごとに変わっていく空気感、すごいと思います。

  • きのとさんのまとめ

    小川未明を原作としている。――らしい。だが然し、単純に原作を漫画化、としないのがこの作者の強みであろうと思う。短編集であるが、物語としては繋がっている。言葉でどれだけこの作品を表現しようとも難しいので、一言だけ。この作品は、「夢」を見ているようだ。

  • きのとさんのまとめ

    童話迷宮で不思議な気分に浸った後は、爽快溌剌な若者の生命の滾りに翻弄されては如何だろう。童話迷宮を描いた者が描いたのか?少なくとも私はそう思った。こちらもファンタジー。とはいえ、甘口である。物語性は釣巻作品で一番強いと思われる。

  • きのとさんのまとめ

    嗚呼、なんと美しい物語であろうか――。表題作を読んだとき、そう叫んでみたくなった。釣巻和に惚れ直した瞬間でもあった。BL作品注意。BLが好ましいのならば、手にとってみることをお奨めする。

  • きのとさんのまとめ

    不思議な世界観――それ即ち、釣巻和。彼女の既刊は全て所持していますが、既刊大人買いに至った切欠がこの本です。説明する気があるのかないのか、ついて来れるのならついて来てみたまえと言われているよう。なにくそ。そうやってしがみついて読んでいると、その昭和なかほりやら、古書のかほりにいつしか酔いしれているのです。

  • きのとさんのまとめ

    かなり流行った一作品、今更奨めるまでもないかと思いますがどうしても。退廃的なこの昭和臭!えげつないまでのミステリー・ホラー!易しくない、けれど一巻読んでしまえば次の巻を買ってしまう、中毒性のあるこの本は正に魍魎の匣かもしれません。

  • きのとさんのまとめ

    今流行っている最中の漫画の一つですが、作者独特の雰囲気を構成しているという点では文句のない一作でしょう。勉強になりますが独特の絵と雰囲気はいつの間にか中毒に。「昨今の鬼畜はただの毒舌」だと思っている方は是非、本当の鬼畜(というか鬼)です。

  • きのとさんのまとめ

    ドラマCDが最初らしく、ゲームも有りとなかなか展開の多い作品。話の進行が少しだるい(個人的感覚ですが、だからゲームのほうが酔いのかもと思ったり。)ですが、Aliceパロらしいどろどろとした雰囲気に殺伐とした世界観!絵も綺麗ですし、良作。

  • きのとさんのまとめ

    今更以下略。勿論現実世界に於いてこの話の登場人物と同じくらい深刻な悲しみを抱いている方はごく少数かと思いますが、繊細に描かれる悲しみや苦悩には誰しも心に引っ掛かるものがある筈。

  • きのとさんのまとめ

    先ず、絵が大好きです。妖怪モノというまた何とも絵にマッチする題材。柔らかく繊細な空気感がたまらない。何となしに読んで、何となく心に残るものがある、そんな作品だと思います。

  • きのとさんのまとめ

    この作品を一言で表すのならば、正に――混沌。ぶっちゃけ二巻からが面白いので、買うなり借りるなりするときは必ず最低1、2巻セットでお願いしたい。最終回直前あたりの迷走っぷりはもう……。まさか少女漫画で笑い死しそうになるとは思いませんでした。

  • きのとさんのまとめ

    幼い頃に出会って感銘を受けて以来、ずっと心の中に在るサンクチュアリのような本です。小さい子か大人にしか楽しめない作品だと思います。前半のほのぼのとした雰囲気も、後半の哲学的な雰囲気もすべてが愛しい。少しでも多くの人の目に留まって欲しいと願う一番の作品です。

みんながつくった「不思議な世界観の漫画まとめ」 まとめ

ツイートする