ブクログ まとめ
  • まとめを作成

【2012年前半】読んでよかったビジネス書ベスト3

あよはたさんのランキング

あよはたさんのランキング

ジャンル : / ビジネス

作成日 : 2012年10月17日

更新日 : 2012年10月17日

  • 『次世代コミュニケーションプランニング』より引用

    • 引用ここから ターゲットに受け入れられるためには「現状どのようなコンテクストが存在し、新たなコンテクストとしてどういうものを想定し、生み出し、提示し」、その中にいかに商品を「埋め込む」か。今、広告主が求めているのはこうした「コンテクスト」の企画であり、「メディアを多様に使うこと」とか「これまでにない表現を開発すること」は本質的なことではない。 実際的な戦術に落とし込むときには、「コミュニケーションプラン」として現れるが、そこに至るためには(中略)戦略家としての「コンテクストプランナー」が必要となる。 引用ここまで ー 192ページ
  • 『リーダーの値打ち 日本ではなぜバカだけが出世するのか? (アスキー新書)』より引用

    • 引用ここから 日本人の和をもって尊しとする精神とはまた別に、高度成長期の折に強烈に体験した「折り合っておけば、パイが勝手に成長して分け前が増えて、問題は時間が解決してくれる」という思考停止が、恐らくそこにはあるのだろうと思うのです。 引用ここまで ー 112ページ
  • 『情報の呼吸法 (アイデアインク)』より引用

    • 引用ここから 僕がおすすめするのは、同じ業界の人をフォローすること。同じ業界で、できれば同じ世代の人をツイッター上で見つけて、まったく知らない人でもフォローしてみる。抱えている問題意識が近く、時代に対する焦燥感も共有できるので、そういう人が投げてくる何気ない情報が大きくヒットするということが多々あります。 昔は「情報選び」は「媒体選び」でした。朝日新聞を取るのか読売新聞を取るのか。どの雑誌を買い、どのチャンネルを見るのか。しかしソーシャルメディアの時代になって、それは「人選び」に大きく変わりました。 引用ここまで ー 45ページ

あなたの「【2012年前半】読んでよかったビジネス書ベスト3」 ランキングをつくろう!

ツイートする