ブクログ まとめ
  • まとめを作成

mod_perlを勉強したい人へのオススメ

xtetsujiさんのまとめ

xtetsujiさんのまとめ

ジャンル : / 技術書

作成日 : 2012年11月14日

更新日 : 2012年11月14日

  • xtetsujiさんのまとめ

    数少ない和書。ただし原著が洋書で、翻訳のタイムラグを考えても和書の出版が20世紀、2000年とは古い。

    元々は、C言語で書かないといけないApacheモジュールだけど、C言語で解説していると、いつまで経ってもApacheのリクエスト処理機構など肝心な部分への解説が書けないといったことから、Cの代わりにmod_perlを使うことでそれを解決している書籍。このアフターフォローは下巻でなされる。

    古い書籍なので、このmod_perlのバージョンは2ではなく1(Apache1.3向け)であることに注意。和書あるという点を除いて、現在読む価値は少ない。また出版元からは絶版しているので現在では入手は困難と思われる。

  • xtetsujiさんのまとめ

    上巻のフォロー。こちらは純粋なmod_perlとCのAPIリファレンス。

    最初にmod_perlの各種オブジェクトのメソッド等の説明、その後対応するネイティブC言語での構造体の説明が書かれている。

    こちらも上巻同様、古い点に注意。

  • xtetsujiさんのまとめ

    mod_perl1の網羅的な書籍。ページ数は約1000ページにも及ぶ。冒頭はApacheのインストールからmod_perlのインストール、中盤あたりからようやくmod_perlの実際のコードが出てくるが、抽象的な解説やコードが多くを占めており、実際に「こういうことをやりたい」といった事を解決するためには、後述の「mod_perl Developer's Cookbook」に譲ることとなる。

    上述のような注意点もあるが、書かれていることは非常に知見に溢れており、mod_perl1だけでなく、Apache1への理解や、ウェブとPerlを組み合わせた開発について非常に豊富な知見が書かれており、PSGI/Plack前夜のPerlウェブ開発における文献の傑作の一つと言えよう。

    この知識はApache2/mod_perl2へも活かすことができる。ちなmに書籍の最後には、当時開発途中であったmod_perl2への言及が掲載されているが、現代ではそれは「mod_perl1.99」と呼ばれ、既にメンテナンスされていない「思考過程でしかない」バージョンとなっている。mod_perl2の解説として完全に鵜呑みにしてはいけない。mod_perl1やmod_perl2の使用は問題無いが、特段の事情が無くmod_perl1.99を使うことは強く禁忌されるべきである。

    mod_perlを(Apacheの拡張ではなく)純粋なPerl CGIの高速化として見た場合、mod_perlのRegistry機構はFastCGIやSpeedyCGIと双璧をなすが、FastCGIやSpeedyCGIにはこのような網羅的かつ詳細な解説がない(と思われる)ところに、mod_perlの一日の長があると言えよう。本書では実際のRegistryスクリプトの書き方には踏み込んでいないが、その設定方法や、ネイティブハンドラやPure Perl CGIとのベンチマークについて書かれている。

    mod_perl2を勉強するとしても、一度は読んでおきたい古典的名著である。

    この書籍も事実上の絶版状態であるが、クリエイティブ・コモンズで公開されているので、公式サイト http://modperlbook.org/ で全文をPDFやHTMLでダウンロードすることが可能である。

  • xtetsujiさんのまとめ

    洋書。「Practical mod_perl」が、mod_perl1の概念的かつ詳細な解説に重きを置いているとした場合、この書籍は「mod_perlでこんなことがやりたいがどうすればよいか」といったことを調べられる書籍。まさにクックブックとなっている。

    とはいえ解説は多岐に及び、mod_perlのインストールから、各種ハンドラでできることの実演、mod_perl1の踏み込んだ解説等が盛りだくさんとなっている。

    「Practical mod_perl」はApache/mod_perlの開発全般の原理的知識や安定性、そしてパフォーマンスやスケーラビリティについての解説となっているが、この書籍は実際にmod_perlハンドラを書くときの指南書として非常にためになる。

    mod_perl2で実際のハンドラを書く際にも、mod_perl1とmod_perl2の差異を知った上で非常に役立つ書籍と言える。

    公式サイトは http://modperlcookbook.org/

  • xtetsujiさんのまとめ

    現時点(2012年11月)で、唯一のmod_perl2のまとまった書籍と思われる。洋書。

    前述の「Practical mod_perl」や「mod_perl Developers Cookbook」よりも書籍のサイズもページ数も小さく、その分解説もコンパクトにまとまっている。主にmod_perl2のネイティブハンドラを書くための基礎や、Apache2/mod_perl2で新しく導入されたフィルタやコネクションフェーズの書き換えにページ数を割いた内容となっている。新しいRegistryスクリプトのはまりどころ(ModPerl::RegistryやModPerl::PerlRun)などを期待して読むと期待はずれとなる。細部を解説出来なかったのはページ数から考えても仕方がないと言える。

    後半はmod_perl1で書かれたプログラムをmod_perl2向けにマイグレーションする方法が書かれているが、実際の開発はこの章を読んで一通り理解した上で上述のmod_perl1用の書籍を併用すると良いだろう。

    公式サイトは http://modperl2book.org/

    なお購入代金の半分はPerl Foundationに寄付されるという。

  • xtetsujiさんのまとめ

    伊藤直也さんによる連載「Recent Perl World」の【第2回】「mod_perl 2.0を使い倒す」が非常に参考になる。実際にmod_perl2のコネクションフェーズの書き換えを利用してDNSサーバを作ったりといったデモが面白い。

    2006年の雑誌と既に古く、入手は困難なので、WEB+DB PRESSのバックナンバーがPDFとしてDVDに収められた総集編を買うのが良いだろう。

  • xtetsujiさんのまとめ

    上述のWEB+DB PRESS Vol.33が入手困難であればこれを入手することで所望の情報を得ることができるだろう。

あなたの「mod_perlを勉強したい人へのオススメ」 まとめをつくろう!

ツイートする