ブクログ まとめ
  • まとめを作成

明野照葉の人間観察眼

minigさんのまとめ

minigさんのまとめ

ジャンル : / 小説・文芸

作成日 : 2012年11月23日

更新日 : 2012年11月23日

  • minigさんのまとめ

    禍福(かふく)の法則⇒良い時はあれば悪い時が必ず訪れる
    チャコ⇒久子の赤ちゃん言葉
    人のことは関係ない、なんていいながら、
    実は人を求めているんだね

  • minigさんのまとめ

    ちょっと田舎の鎌倉と怪しい町の大久保を舞台
    母の生き方を否定しているものの
    結局は全く同じ生き方しかできない自分に気づく

  • minigさんのまとめ

    順調に人生を過ごしてきた一人の男が突然自分の人生に嫌気
    自分はただ世間に流されているだけだと感じホームレスに!
    桜がきれいと感じるのは、昔の人は寿命が短かったので
    また桜が見れたと感じるからだ
    地戻る:先祖がえりのこと
    主人公の50才女性は、家出した主人と息子への愛を再確認し
    会える見通しが立ったところで完

  • minigさんのまとめ

    ・良枝は歌が好きで東京のクラブで働いていたがプロになれる器ではなかった。そんな時、裏社会で生きている人達との付き合いが始まる。2000万円横領することになってしまった。そんな時、同じその筋の人が堅気になる決心をし、同時に助けてくれた。身を隠すこともあり鎌倉に移り住んだ。そして結婚し、旅館の若女将となった。地味に暮らしていたのだが、娘の歌の才能に気づき、神様が付いていると悟った。本来持っていた気性から再び東京に戻り何としてでも娘を歌手にすべく動いた。お金の工面はその筋の人を頼った。はっと気づいたら、また一人ぼっちになっていたという内容。人間の持って生まれた性は変えられない。

    ・娘の芸名はRUKA 中島みゆきって感じ

    ・実は、音楽作りはコンピュータで何でも可。人の神経にどう影響するのか周波数が解明されている。

    ・結局多くの人を犠牲にしてきた。結局自分はバブル期に成功したようにそのころに戻りたかったということだ。

    ・最後は旦那と息子が東京に迎えにきてくれた。泪泪の物語。

    ・家族とはどんな時も最終的に戻れる場所

  • minigさんのまとめ

    神蛇を体に宿しているカンナミ様。家は守られるが敵対している人は殺されたり不幸にされる。超一流の家系に生まれた一族に神蛇女が入った。本人は悪気はないのだが自分を悪く思っている人を次から次へと不幸にさせる。最後はカンナミ一族だけが生き残り麻布に住み着くこととなったとさ。恐い話だ

  • minigさんのまとめ

    8つの短編集
    心身の疲弊、異常が増える昨今においての混乱を表現している。

あなたの「明野照葉の人間観察眼」 まとめをつくろう!

ツイートする