ブクログ まとめ
  • まとめを作成

マインドフルネスは究極のメンタルヘルスか?

waku2さんのまとめ

waku2さんのまとめ

ジャンル : / 人文・教育

作成日 : 2012年12月5日

更新日 : 2012年12月5日

  • マインドフルネスとは「今、ここ」の現実に気づいていること。
    ネガティブ思考はマインドフルネスの欠如が原因!

  • マインドフルネスはグーグルでも研修プログラムに取り入れられ、最新の認知行動療法でも注目されているんですが、心理関係以外ではまだ解説書が少ないんです。マインドフルネスのことを書いていてもマインドフルネスとは明記していなかったりします(気楽な悟り方のように)。

    そこで、一般向けでマインドフルネスを解説した本をまとめてみました。実は一冊目の『ビジネスマンのための「平常心」と「不動心」の鍛え方』は一般の人にもマインドフルネスを知ってもらうために私が執筆しました。 (^^ゞ

    <マインドフルネスとは?>
    過去の後悔や未来の不安、現状の不満や自己嫌悪にひたることがネガティブ感情の原因です。ポジティブ思考しようとしても、ストレスやトラブルのたびに、いつのまにかまたネガティブに考えてしまうのはマインドフルネスが欠如しているからです。そこで、 心を「今、ここ」につなぎ留めることでポジティブに生きるためのスキルがマインドフルネスというわけです。マインドフルネスはもともと禅や特殊な瞑想の修行をした人だけの秘密でしたが、最近は最新のマインドフルネス認知療法として脚光を浴びつつあります。

    ここにあげた本を読んでマインドフルネスを学ぶと、ついついネガティブに考えているまさにその瞬間に自分のネガティブ思考に気づき、一歩引いた立場に立って冷静に考えられるようになるでしょう。マインドフルネスは究極のメンタルヘルス技法です。どうぞ読んでみてください♪

  • waku2さんのまとめ

    マインドフルネスというメンタルヘルスのスキルでポジティブ思考になり、平常心と不動心を鍛える本です。ついネガティブに考えてしまう人や自分に自信を付けたい人にお勧めの本です。

    『ビジネスマンのための「平常心」と「不動心」の鍛え方 (DOBOOKS)』より引用

    • 引用ここから 「そんなばかな!自分の考えていることぐらい知っているよ!」と言いたくなるのも無理はありません。実は私自身もそう考えていました。ところが実際、人は自分の思考や感情にほとんど気づいていないのです。 引用ここまで ー 4ページ
  • waku2さんのまとめ

    師匠と小松茸のユーモラスな会話で瞑想とマインドフルネスが解説されています。
    「禅の十牛図をわかりやすく解説した本です。
    谷岡ヤスジさんのイラストがとても愉快♪
    認知行動療法の理論では感情は思考の結果なので、外界の刺激によって自動的に立ち上がるネガティブな自動思考を後付けで適応的、現実的なものに訂正しようとするわけですが、この本では自動的に出て来る思考の、その発生の瞬間に気づくことで対処することを目指しています。つまり、マインドフルネスを目指しているということ!

  • waku2さんのまとめ

    分厚いけど、とにかくお勧め♪
    マインドフルネス瞑想を企業単位で研修に使っているなんてさすがグーグルって感じですね。具体的なワークの方法も載ってます。EQのダニエル=ゴールマンも協力しているんですねえ。

    ちなみにゴールマンはその後「心ひとつで人生は変えられる」のなかでマインドフルネスについて書いています。

    『サーチ! 富と幸福を高める自己探索メソッド』より引用

    • 引用ここから 『サーチ!は単純な夢として始まった。その夢とは世界平和だ。世界平和は内から生み出しうるし、また、生み出さなければならないと信じている賢者は大勢いる。私もそう信じている。(中略)「いいですか、ダニー(ダニエル・ゴールマンのこと;著者追加)私たちは世界平和の話しをしているのですよ、世界平和の!」』 引用ここまで

あなたの「マインドフルネスは究極のメンタルヘルスか?」 まとめをつくろう!

ツイートする