有川浩さんの塩の街について教えてください。

塩の街は文庫本とハードカバー両方発売されているみたいで、少しだけ内容が異なるようですが、どっちのほうがおすすめでしょうか?

調べてみたら文庫本の方ではF-14で結晶を爆破するシーンがあるけどハードカバーでは無い。
ハードカバーにはサイドストーリーである『塩の街、その後』が収録してある

以上が把握している相違点ですが、どっちを買ったほうがいいでしょうか?
教えてください、おねがいします。
  • 投稿日時 : 2011-04-17 08:31:16
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

1
正しくは、電撃文庫版ではF-14のシーンがあり、ハードカバー版・角川文庫版には、そのシーンがなく、前日談・後日談が掲載されている形ですね。

電撃文庫版では、ライトノベルの枠組に縛られて、先生が最初書いた話とは設定が変わっていたり、妥協したりした部分もあるそうです。
後に発売されたハードカバー版では、電撃文庫版の長所も活かしつつ、先生が当初予定していたスタイルになっています(続く)
  • いこさん いこ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-04-18 10:31:41
ですので、個人的にですがハードカバー版をおすすめします。

ちなみに、ハードカバー版は、角川文庫より文庫として出ておりますので、そちらの方が安価に購入できるかと思います。

塩の街 (角川文庫)

有川浩 / 角川書店(角川グループパブリッシング) / 2010年1月23日
  • kamicatさん kamicat さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-04-23 13:23:15
とても分かりやすい解説、ありがとうございます!
おすすめしてもらった角川文庫の物を購入しますね。
ご親切に、ありがとうございました。
全1件中 1 - 1件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする