主人公のお母さんが1週間(?)だけ生き返る児童文学を探しています

・主人公(小学生の男の子)が学校から帰ってくると、玄関でお母さんが倒れている
・実はお母さんは1週間前(?)に死んでいたのだけど、
せめて1週間でも主人公にとっていいお母さんになるために期限付きで戻ってきていた

ものすごく断片的でうろ覚えですが、このような作品を探しています。
(上記はどちらかといえば後半のあらすじです)
タイトルも作者もわかりませんが、
小学生の時に読んだ本なので、児童文学だと思います。

今から15年以上前なので、上記の細かい設定もあっているかどうか怪しいですが、
ご存じの方がいらっしゃれば、教えてください。
  • 投稿日時 : 2011-04-28 00:09:11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
今更な回答ですが



これじゃないでしょうか。夏休みの課題図書になってたはずです。
  • 回答No.1081-09794
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-05-01 10:47:38
0
説明を読んでぱっと思いついたのは「いま、会いに行きます」なんですが、調べてみると、違いました……
そもそも、15年前にはこの本は刊行されていませんし;;

でももしよければ、「いま、会いに行きます」も読んでみてください^^
全2件中 1 - 2件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする