熟読玩味派?多読派?

芥川龍之介は執筆の他、ほとんどの時間を読むことに費やしたんじゃないかと言われるほど多読だったそうです。逆に堀辰雄は一冊の本を研究するように読み込んだ。という話を聞いたことがあります。

量を読めば質が落ちる。
質を取れば量は落ちる。

読書の量と質は車両の両輪ですが。
あなたはどっち!?

理由もあれば教えて下さい。
  • 投稿日時 : 2011-04-28 19:39:00
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.1086-012161
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-06-22 23:17:13
0
私は多読派です。

いろんな人の考え方が知れるし、いろんな人の世界観が味わえるので。
飽きずに続けられる気がします。
0
私は多読派です。
理由としては、多読の方が偏った価値観にとらわれずに済む気がするからです。
  • 回答No.1086-010024
  • この回答は削除されました。
0
完全に熟読です。
おかげで買う本に対して読む量が追いつかないです。
  • リリンさん リリン さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-05-01 21:05:36
いいですねー。
熟読で行くって姿勢。
0
高校頃までは熟読派で、大学生になったあたりから多読派になりました。
理由は、若いうちは色んな作品、作家さんに出会いたいと思ったからです。
そしていつか、落ち着いて好きだと思った本をゆっくり読み返そうと思っています。
熟読も多読もそれぞれの良さがありますよね。
1
僕は、ペースは遅いですが多読派ですかね。

ある本を読み解くヒントは、その本自体よりも、
違う本にあるのではないかと思います。また、
全ての本が全ての人にとって読み解く価値のある本なら、
良いのですが、実際そうではありませんよね。
ハズレを引かないようにするには、
アタリを見逃す可能性も受け入れる。
そうやって総合的に読書の質を上げるには多読かと。
  • リリンさん リリン さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-04-29 00:04:03
一つの理解はそれ自体では不十分って考え、面白いですね。近隣や類似の内容で元の理解が深まりますからね。
それ自体は分かってたけど、その考えは抜けてたなぁ
0
割と多読派です。
でも気に入ったものは何度でも読みます。

もっと面白い本もあるかも、この人がすすめてくれたから、新しい作家さんとか出会いたいかも、と思ったら、多読期間に入って、
個人的なハズレが続いたりして癒されたくなったら(笑)絶対にはずれない、大好きな一冊を読み返します。

だから、どちらかといえば多読…かな?
  • リリンさん リリン さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-04-29 00:02:18
あー私と結構同じかも。
私はわりと多くは読まないけど。

お気に入りはなんども読んじゃいますねw
全7件中 1 - 7件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする