伊坂幸太郎と東野圭吾

伊坂幸太郎と東野圭吾の作品の違いとは?

互いの個性は?
  • 投稿日時 : 2011-06-05 01:36:09
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
私が読んだ東野圭吾の本は切なさが残る様な感じで最後は少し物足りなさを感じさせる様な想像を膨らまさせられる作品が多かったと思います。
伊坂幸太郎は物語として完成されている様な独特の世界にとても引き込まれます。漫画や映画を見る感覚でとても面白く読みやすい作品が多かったと思います。
2
伊坂幸太郎作品大好きです。
東野圭吾作品は多くは読んでないのですが、一言で言うと「救われるか救われないか」ではないでしょうか?
読んだ作品のイメージでは、東野圭吾は救いがない(最後に笑えない)気がします。
(たまたまそんな作品を読んだだけなのかもしれないです)
伊坂幸太郎は例え世界の終わりでも最後にふっと笑ってしまう救いが用意されている気がします。
4
私は伊坂幸太郎が好きです。東野圭吾は面白いミステリーを書くとは思いますが、抜きんでた個性が見出せません。
それを読みやすいというならそうかもしれませんが、私には多くの作家の中からあえて東野圭吾を選んで読むほどの魅力は感じられません。

伊坂幸太郎は、キャラクターや言葉のセンス、そして誰も不幸にならない読後感の良さが魅力だと思います。
伊坂幸太郎を読みたいという気分の時は伊坂幸太郎でしかダメです。
  • fujiko2130さん fujiko2130 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-20 15:48:34
もちろん、ミステリー作家としては二人とも優秀です。
ただ、伊坂幸太郎には「はずれ」の本が数冊あります。
東野圭吾は全部読破していないのですが、今のところはずれには出会っていません。
  • 回答No.1250-014889
  • この回答は削除されました。
1
東野さんはあまり読んだことないのでそんなに生意気なことは言えないんですけど…。
私は登場人物ですかね。
伊坂さんのほうが特徴のある人物を出している気がします。というか人物の個性を重視しているって感じですかね…。
とりあえず伊坂さんの書く女性が大好きです(笑)
0
東野圭吾はあまり読んだことがないのですが、伊坂幸太郎の方が女心を分かってるなあ、と思います(笑)
でもやっぱり伊坂幸太郎は苦手な人はダメみたいですねー
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-15 13:28:01
伊坂幸太郎に苦手意識を持つ人は、どのあたりに苦手を感じるんですかね?
  • schnck_03さん schnck_03 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-15 13:41:29
多分あの独特の心情表現と、視点の切り替えですかね?
きっと三冊位読めば好きになると思うんですけどねえ
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-17 12:49:18
うっかり8冊も読んでしまってから、伊坂さん苦手だ~と気がつきました。
どの本も少年漫画(青年漫画?)の原作になりそうなお話ばかりです。私はそれが駄目なんですが、そこが良いって人も多いんでしょうね。
  • schnck_03さん schnck_03 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-17 13:17:28
確かにそうかもしれませんね
実際にまんが化されてるのもありますし
でもあれを完璧にまんが化って難しいかもしれないですね
それに比べて東野圭吾はドラマ化や映画化がしやすそうな感じで、登場人物が役者っぽい気がします
0
東野作品はとても色々な味わいがありますが トリックもあり事件の背景も描く 正統派のエンターテイメントミステリーかなと思います。
その東野会長に「そもそもミステリーなの?」と対談で訊ねられた伊坂作品は とても身近にありそうなのに何かが違う謎の世界観=hime45nanaさんが言う所のふわふわ感が私には魅力です。
いくつものリンクを発見した時の’ニヤリ感’が又たまりません。
  • 回答No.1250-013281
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-07-21 13:00:52
4
東野さんは行動でストーリーが進んでいくのに対して、伊坂さんは会話で進んでく感じがしませんか?
東野さんの作品をまだたくさん読んでないので強くは言い切れませんが、東野さんの作品は大事なことだけ喋ってて、一方伊坂さんは作品はキャラたちが面白おかしくワイワイ騒いでる気がします。
そんなことないぞ!って思われたなら申し訳ないです。
  • anagramshiさん anagramshi さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-07-24 16:37:46
確かに伏線を張るにしても、東野圭吾は会話は何気ないものの中に隠し、行動はわりと印象に残るように描かれているように感じます。
対して伊坂幸太郎は会話の内容が独特で記憶に残り、ストーリー展開はシンプルというか、抽象的な気がします。
1
私も読みやすさで言えば、東野圭吾さんのほうだと思います。
伊坂さんの作品は、最初のパートが少しとっつきにくいような気がします。この前、砂漠とゴールデンスランバーを読みましたが、最初の部分で少し読む気が失せてしまうというか・・・。
真ん中辺りから、かなり面白く読めるんですけどね~。
惹きつけるものの違いかな?と思うのですが、こればっかりは個人によるのかもしれません。
0
東野圭吾さんも伊坂幸太郎さんも読みますが、名無しさんが言うように読みやすさは、東野圭吾さんの作品の方があると思います。
伊坂さんは、独特な感じなので・・・でも、はまったらどんどん次の作品も読みたくなっちゃうのは、伊坂さんかも。
  • おこもりさん おこもり さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-06-09 18:02:04
回答No.1250-011546の名無しです。

確かに伊坂さんの世界観にハマると、どんどん他の作品も読みたくなっちゃいますね。気になる作品がいっぱいあります。

東野さんは色んな毛色の作品があるので、ファンを飽きさせない所が一つの魅力でもありますね。
  • misaさん misa さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-07-24 09:14:29
同感です。
確かに伊坂さんはハマったらどんどん他の作品も読みたくなりますが、
最初に読む作品によってそれは変わる気がします。

東野圭吾さんはあまり詳しくないんですが
一気にハマってしまうこともないけど、
コンスタントに一冊ずつ読んでいける気がします。
全12件中 1 - 10件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする