イヤなことが忘れられる本を教えてください

イヤなことがなかなか頭から離れず、1日中、そのイヤなことで頭の中がいっぱいになります。

イヤなことを忘れるようにするための、いろんな本を読んだのですが、なかなかこれといった本に出会えません。

何かいい本はありませんか?
  • 投稿日時 : 2011-06-20 06:20:43
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0


イヤなコトを考える時間よりも旅行にでも行ってみるかぁって気分にさせてもらえる本でした。
本棚チェックしてないので読んでいたらごめんなさい。(>_<)
0
いやなことって、ほんと忘れたくても頭からはなれないんですよね。わかります、私もそういうところあるので。

そこで、逆の発想で、そうした自分の心の傾向性を知るための本を紹介します。「グッバイ・ネクラ人生」読み終わった後に、ちょっと違う自分に気づけるかも。
  • こぽさん こぽ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-07-05 04:05:13
傾向性知るのは有効でしょうね。
ありがとうございます。
1

仕事や人間関係に参っていた時期に、この本と出会いました。愉快痛快です。
  • こぽさん こぽ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-07-04 05:03:38
レビュー読むと面白そうですね。
読んでみます。
ありがとうございました。
  • 回答No.1322-012321
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-06-27 16:31:05
0

考えこんで過ごすより、何か違う作業をした方が気分や視点が変わっていいと聞きます。イヤなことが忘れられる本とはちょっと違いますが、きっかけになるとは思うので、良かったら読んでみてください☆
  • こぽさん こぽ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-06-29 23:09:26
そうですよね。何か違う作業すると気分も変わるんですよね。
読んでみます。
  • 回答No.1322-012110
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-06-21 22:00:03
0


昔からずっと読み続けられているものと、肯定心理学についての本です。もしもう読まれていたらすみません。
  • こぽさん こぽ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-06-21 22:28:17
どちらもまだ読んでないです。
ご紹介ありがとうございます。
0
売れっ子漫画家で、二児の母で、常に問題を抱えながらちょっとしたことに笑顔を見つける日々の漫画です。いい母親を目指してないところが痛快です。
  • こぽさん こぽ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-06-21 17:35:48
漫画なんですね。
ありがとうございます。
  • 回答No.1322-012075
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-06-21 00:30:06
0
  • こぽさん こぽ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-06-21 04:35:40
ありがとうございます。
0
いやなことは忘れようとしても忘れられないから『いやなこと』なのではないでしょうか?
忘れるよりも、乗り越えるための心の準備ができる本。
  • こぽさん こぽ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-06-20 18:57:15
このタイトルと同じ歌もいいですよね。
ありがとうございます。
  • 回答No.1322-012055
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-06-20 09:26:59
0
忘れられるというか、イヤな考えを違った方向から見てみようか、と思わせてくれた本です。
  • こぽさん こぽ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-06-20 18:56:32
ありがとうございます。
哲学・・・難しそうですね~
0
どの本にしても東洋哲学を元にしたマインドフルネスを語っています。最近のメンヘル系の本は心理学も自己啓発もスピ系も皆、その傾向が多いと思います。実践や概念(方便)は違えど根本的に変わらない。

  • こぽさん こぽ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-06-20 18:55:21
いろいろとありがとうございます。
読んでみたいと思います。
全11件中 1 - 10件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする