手品 チーズ きつね?

昔読んだ絵本を探しています!

確か主人公はきつねだった気がするのですが自信ありません汗

内容なんですが、
友達のいない主人公のきつねはある日、人間の親子をみる。
お父さんは手品で子供にチョコレートか何かを出して驚かせている。
その手品のタネがわかったきつねは練習して、それを披露することでだんだん友達を増やしていく。

また、ストーリーの流れはわかりませんが、
きつねは人間が落としたチーズを拾う。
角を少し食べて、美味しさに感動する。
次の日別の角を食べて、やっぱり美味しいと感じる。
何日かかけて角をすこしずつ食べていくうちにチーズは丸くなっていった。

ある日、友達のお母さんがかぜをひいてしまったことをしる。
きつねは、友達に手品をつかって丸くなったチーズをだす。
それを風邪に効く薬だよと言ってあげる。

大好きなチーズをあげてしまったけど、
友達はすごく喜んでいたので良かったと思う。



というような内容の絵本です。
細かい部分はあいまいで、ストーリーもぼやけているので上手く説明できませんが、
もしこの絵本知っているという方がいらっしゃったら教えていただきませんか?
  • 投稿日時 : 2011-06-24 11:43:29
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.1342-013452
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-07-25 10:46:26
ネットで検索した結果なので、信憑性にかけますが…
これっぽいです!

きつねくんのてじな


どうやら絶版のようです
図書館ならあるかも
全1件中 1 - 1件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする