ブクログ談話室

『R氏のノンジャンル/ノンタイトル コミュ』 たなぞう

    未回答
  • 回答数 292件
  • 雑談

みなさまこんにちわ。
たなぞうからやって来ました。
たなぞうでこのコミュに参加して頂いた方,そうでない方,どなたでも結構です。
どづぞご参加ください。


以下 コピペ
>意を決してコミュニティを立ち上げてみることにした。
>ジャンルはない。タイトルもない。なんでも良い。好きなことをすきな人達とおしゃべりできれば良い。
>少しだけその中に本の話題や読書の嗜好や「本の雑誌」関連のトピがあればなお良い。
>たなぞうへ来てまだ3年目の未熟者ですがなんとかひとつよろしくお願い致します。
質問No.1496
みんなの回答・返信

R氏どの

あなたの「隠れファン」からコメントが書き込まれていますよ!
回答№1496-022493 私が 2011-11-17 06:51:31 に回答したものの最下段です。
ちょっと分かりにくいところですが。

お目通しを!

0
回答No.1496-022782
英国滞在中のR氏どの

Sunderland ってどこだろう?って Googleマップで探してみたら、北海に面しているってだけで寒そ~ッ!
いい漁港でもあれば新鮮なムール貝の白ワイン蒸しなんて旨そうですがね。
  
0
回答No.1496-022692
イギリスで本をゲットした。いっしょに来ている連中が読み終わった本が廻ってくるのだ。今回は、江戸川乱歩の『蜘蛛男』と『黒蜥蜴』。明日はオヤスミなので、さあ読もう。たぶん再読だろけど、ま、いっさ。
0
回答No.1496-022639
そうか、そうしよう。なるたけ本にまつわる話題、って思っているのだけれど、まあ遠いイギリスにいること自体がひとつのいわゆる話題になるかな。

今ここNewcastleのちょっと下に位置する街Sunderland では朝が遅く夜が早いです。
午前7時30分ではまだ暗い。
そして夕方4時を超えるともう暗い。このまま冬至に向かっていくと太陽が顔を出している時間が本当にみぢかくなってくるよぉ。
0
回答No.1496-022626
コメント 2件
早速のSunderlandルポ、ありがとうございます!
日の出が遅く、日の入りが早いんですね。
気温はどうなんですか。もう、かなり寒いのですか?
やはり、晴れの日は少ないんですか? 


私の好きな映画です。

ノッティングヒルの恋人 [DVD]

ロジャー・ミッチェル / 松竹ホームビデオ / -

主人公は、西ロンドン、ノッティングヒルの本屋さんなんです。
イギリスの本屋さんってあんな感じなのかな?
ryoukentさん ryoukentさん 2011/11/20
ああ、ノッティングヒルって西ロンドンなんですね。ロンドンは今回の延べ半年近くにおよぶ出張期間で、行ってみるつもりは無いのです。もうづいぶん昔になりますけど、ロンドン観光は一通り済ませてあるので。

そしてここはSunderland、温は思ったほど低く寒くはないです。例えば今日は最低8度最高13度かな。
英国滞在中のR氏どの

是非是非、おいしい飯を見つけてください(笑)
そして時~々~でいいですから、イギリスの今をルポしてください。 楽しみにしています。

それから、海外在住の方でブクログを利用されている方もおられるのではないかと思います。
そんな方に、是非、その国・その街の「おいしい」「不味い」「変だ」「おもしろい」などについて書き込んで欲しいですね。
0
回答No.1496-022560
コメント 1件
ロンドンの博物館や美術館は入場無料のところが多い、とイギリス関連の本で読んだ覚えがあります。
実際そうなのでしょうか?
羨ましいと思ったので記憶に残っていました。
「イギリスはおいしい」 読みました。 おもしろかった。
ここで紹介いただかなかったら、おそらく読む機会に恵まれなかったかと思います。

trade-wind さん ありがとうございました。


0
回答No.1496-022493
コメント 6件
あれこれさん、恐縮です。
私自身は大昔に読んだので、残念なことに内容を忘れています。ただ、面白かった印象だけは残っています。
それで、実際に英国にいらっしゃるryoukent さんに、現地の様子を話してもらえたら、それはさぞ面白いだろうなあと思ったしだいです。「おいしい」面白さをリアルタイムで聞けたらと……。
でも、仕事の出張なのに負担になりかねないことを言ってまずかったと反省しています。
ryoukentさん ryoukentさん 2011/11/17
Still英国のR氏です。
その本の中にはどんなおいしいイギリス料理が書かれているのでしょう。はっきり言ってこっちの飯は上手くないので、少しでも美味しい物方面へ移動したい。
ryoukentさん ryoukentさん 2011/11/19
ウサギさん、本のご紹介どもありがとう。
でも、こっちでは買えないのですよぉ。
街に日本語の本売ってるとこなんてありゃしない。あーあ。
名無しさん 名無しさん 2011/11/21
Rさんの談話室ファンです!
読むばかりですが、勇気を奮って、ひと言。
ryoukentさん、ちょっとお疲れ?
以前の、この場を取り違えていない?コメントがあってから、皆さん気を使ってますよね。
それで、なるべく本の話題をコメントに入れようとしてくれてますね。
でも、それに対するryoukentさんの答えが素っ気ないことが多くて、ちょっと寂しいです。
つづく
名無しさん 名無しさん 2011/11/21
たとえば、「文庫本巻末解説」に対するご意見。本を捨てちゃう発言は、わざわざここでいわなくてもいいのに。コメントにもちゃんと返答ないし。
本紹介には
>こっちでは買えないのですよぉ。街に日本語の本売ってるとこなんてありゃしない。あーあ。
「帰国したら見るね」でも、「ネットで調べてみるね」でもいいかなと。
映画紹介には
>ロンドンは~行ってみるつもりは無い
行ってみてなんて書いてないのに。
そもそも、なぜ文庫本には「解説」というのがついているのか。
単行本にも全く付いていないわけでもないけど、単行本に巻末の「解説」はかなりめづらしい。それが小説などであるとほとんど無い。

文庫本は圧倒的に先に単行本ででているケースが多いことが「解説」がつく要因なのであろうか・・・と書くとなんとなく、そうだなぁ、とか思ってしまいそうだけど、よく考えると合理的な理由にはなっていない。ふーむなぜだろう。
0
回答No.1496-022469
コメント 1件
slkyさん slkyさん 2011/11/17
まず単行本で出すのが、昔の出版方法だったような。
売れる作家、偉い作家は、文庫本にはなかなかならなかった。
そうすると、文庫は二番煎じみたいなもんだから、おまけで解説をつけて、また買わせようと考えたのかと。
後単行本を買うまでの気がない、あんまり作者を知らない読者とかお金の無い若者向けの、広告みたいなもの(本文要約して面白いから読んでね)の解説をつけたのかなあ。
合理的な理由ってなんだろう。
ふむふむRのダンナは先読みですか。

私の場合は解説の書き手によるなあ。
気になる作家や書評家が書いていたらまず先に読むし、エラソーな評論家や文化人(というのもよくわからん肩書き?だな)だったら、後回し又は読み飛ばし。

翻訳もので訳者が書いていたら、裏話やら作家の今後の動向に触れられていたりして、かなり楽しめることが多いな。うん。
0
回答No.1496-022416
文庫本は、私の場合解説を先に読む。そのほうが中身の理解がすすんでわたしにはおもしろい。
でもほんとに稀に、書いてはならないことが書いてある解説がある。そんなのに出会うと・・・捨てる。すまぬ。
0
回答No.1496-022389
先日亡くなられた北杜夫さんの作品を読んでいる。

『ドクトル マンボウ航海記』は何度目かの読書。これはちょっと前。

そして今『輝ける碧き空の下で』と『ぼくのおじさん』に取り組み中。

『輝ける・・』は二部構成で上下巻の合計4冊構成。
事情があって2冊しか手に入らないまま英国へ来てしまった。続きを読むには帰国しかない。ということで帰国の動機にする。変な動機だ。
北杜夫、どれも結構面白いよ。
0
回答No.1496-022167
全292件中 121 - 130件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする