ブクログ談話室

『R氏のノンジャンル/ノンタイトル コミュ』 たなぞう

    未回答
  • 回答数 292件
  • 雑談

みなさまこんにちわ。
たなぞうからやって来ました。
たなぞうでこのコミュに参加して頂いた方,そうでない方,どなたでも結構です。
どづぞご参加ください。


以下 コピペ
>意を決してコミュニティを立ち上げてみることにした。
>ジャンルはない。タイトルもない。なんでも良い。好きなことをすきな人達とおしゃべりできれば良い。
>少しだけその中に本の話題や読書の嗜好や「本の雑誌」関連のトピがあればなお良い。
>たなぞうへ来てまだ3年目の未熟者ですがなんとかひとつよろしくお願い致します。
質問No.1496
みんなの回答・返信

  • 名無しさん 名無しさんの回答 2011年10月04日
バッカじゃないの!そりゃアタシだって、ここ読んだとき、マアなんて内輪話って思ったけど、そんだけ濃密な関係の方たちの、成熟した人生の会話って雰囲気もあるし、いいんじゃないと思った。もっと箸にも棒にもかからないレビューを垂れ流している人も大勢いるけど、それよか数万倍も意味のある行為だと思いま~す。ひるむな!R氏とその仲間たち!
4
回答No.1496-017879
コメント 4件
名無しさん 名無しさん 2011/10/04
私もそう思います。誰に迷惑をかけるでもないし、親しい方どうしがツーカーの会話をされているのを見て、逆に羨ましいくらいです。それより大通り・道の真ん中のレビューで、どうでもいい本の、愚にもつかない感想にもならない落書を堂々と書き込む方が罪は重い気がします。クレームをつけた方も、ちょっと気になるという程度だと思いますので、続けられていいんじゃないですか!
名無しさん 名無しさん 2011/10/04
R氏にアヤつける名無しも別にほっとけと思いますが、「箸にも棒にもかからないレビュー」もほっといていいんじゃないの?
そう書くご本人はよっぽどすごい本をお読みになって、他の方のためになるレビューをお書きなのでしょうか。
公序良俗に反さなければ、自由に書くことができるのが、このようなサービスのいいところだと思うのですが。
あれ、ほんとだ。
正論、かどうかはわからないけれども、いい事を言う「名無し」さんもいるんだね。
僕は「名無し」と言う呼称自体の否定をしているんだけども。
せっかくのご意見なんだから、本名とはいかないまでも、HNで勝負して欲しいな。
でないと議論が進まないよ。
論議はノーガードの殴り合いじゃないんだもの。
時にはそれも面白いけど、自称知的遊民による意見の交換、知的遊戯だと思いますよ。
あ、すみません。
このラストの名無し、私です。
名無しもよくなかったかなと思い、名前ありでコメント後からしましたが、前の名無しコメは消せなかったので。
新聞の宣伝欄。珈琲屋のおねぃさんがミステリー解きの探偵、みたくな本の広告By宝島社。
どうでもいいけどさぁ、どうしてみんな同じイラストなのさ!
最近のこの類の本って小説の中身ぢゃなくて、それらしいイラストに勘違いして売れてるのでは?
3
回答No.1496-048216
コメント 5件
slkyさん slkyさん 2012/12/13
まだ続いてた・・これ
お久しぶりです
珈琲屋読みました。
設定から何から、中身が全く古本屋と一緒でした。
だからイラストも一緒でいいかと
この際自棄で、時計屋も読もうかな
ryoukentさん ryoukentさん 2012/12/13
slkyさま、やや、嬉しいコメントをどうもありがとうございます。

時計屋?はて、それは果たしてどのようなご本なのでしょうか。
slkyさん slkyさん 2012/12/14
思い出のとき修理します



これが、近所の本屋に珈琲、古本と一緒に並んでます。
初めシリーズか何かだと思った
名無しさん 名無しさん 2012/12/31
これ(コーヒーの方)読んでしまいました。蘊蓄垂らしたミステリー風味。この蘊蓄の流れは万能鑑定士シリーズの影響でしょうか。その内、スタバとタイアップしたスタバ探偵タリズ何てシリーズが((笑))グランデ一杯の事件とか。
ryoukentさん ryoukentさん 2012/12/31
☆☆無しさま
コメントどうもありがとうさまです。
でも何をリコメントすればいいかお顔が見えないとなんともつらいのでした。
でも、まいっか。
でわまた。
すごすご。
ああ、ここ久しぶりだ。

先日つづらさんからお便りもらったのだけど、次に返事書こうと思っていたら、二度とその場所へいけなくなってしまった。どうやったらイインダ!

さて、今回イチバン話題は ベアさんのこと。なんととうとう「WEB本の雑誌」にべあっちの連載が始まったらしいのだ。興味のある人はすぐに飛んでいって読むように。中身は予想通り「裏天然物語」なのだ。だから ぶち面白いよ。わはは。
2
回答No.1496-027557
Ryoukentさま
親切なコメント、ありがとうございました。
たなぞうなくなっても、『R氏のノンジャンル/ノンタイトル コミュ』があることにほっとしているファンがいるはずです。名無しなんか気にすんなー。(どの口が言うか。)
では、皆様、さようなら。
2
回答No.1496-018118
閉店イベントの疲れでグタっとしていたら、何だか慌しいことに。
田舎から移ってきて、ここは大都会だな~ってオドオドしていたら、意外とここも田舎なんでしょうか。
覗かなければ済むことでしょうに、気になって覗きに来て、「うちの仕来りに合わない」ですか?

おおらかにご近所付き合いができるといいんですがね。
新参者を温かい気持ちで見守っていただけないでしょうかね。
2
回答No.1496-017886
コメント 1件
文字数制限が邪魔する!

↑ 「 おおらかにご近所付き合いができるといいんじゃないでしょうか。」 の前に、「 あれはいけない、これはダメ、とあまり規制しないで、」 を追加して読んでください。
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2011年10月04日
「ブクログ談話室は、おすすめの本やiPhoneアプリなどについて質問したり、
作品や作家について語り合う掲示板です。」

内輪ネタや近況のカキコをする前に、談話室の一番最初に書いてあるこの一文をよく読んでみて。
雑談の意味を取り違えてはいませんか?
2
回答No.1496-017850
コメント 2件
忌憚のないご意見、ありがとうございます。
私を含め、書き込んだかたは皆、「ご迷惑がかからないかな」という部分は重々承知しながら、利用していた読書サイトの友人とやりとりする嬉しさが勝って、書き込みを続けていたのだと思います。
利用者のひとりとして、コメントさせていただきました。
名無しさん 名無しさん 2011/10/04
上の名無しさんとは別の名無しです。楽しそうに会話している方々には申し訳ないのですが、私も正直、気になっていました。
利用していたサイトがなくなり、ここで再会できた嬉しさはよくわかりますが、やはりブクログ談話室で、というより、どちらかといえばツイッターでするやりとりではないかと思います。
小ネタをひとつ。

あ゛~、やってもうたー。
職場に、上下巻の「下巻」を先に持ってきてもうたぁー。
手をつけられんぢゃないかー。

ちなみに「天地明察」。
1
回答No.1496-045581
コメント 6件
あらすじ教えてあげようか?

他に選択肢としては・・・
① 上巻を想像しながら下巻を読む。
② ダブり覚悟で近所の書店に走る。
③ 早退する。

はぶぁないすでい!
ひるやすみ、読む本なくて、たいくつだ

おぉ、ナニゲに五七五。

あらすぢは、映画化のかんけーでTV各社がやってましたな。うん。
タイクツしのぎのため、「WEB本の雑誌」のヒサダ某とゆう人物の超人気エッセイを閲覧す。
次期ノーベル文学賞最有力候補とか。
ryoukentさん ryoukentさん 2012/10/16
けっこさま、Tawanさまお久しゅうござます。
とても楽しい味噌汁掛け合い漫才、どもありがとうござます。
早退しても上巻はきっと読めなかったことでしょう。
ヒサダのべあさんは最近はフェスブクでぶいぶい言っとります。
あいかわらづとても面白いので、おけいTa-wanさんも一度Facebookをおと連れてみてください。
ryoukentさん ryoukentさん 2012/10/16
でわたし、りょうけん様は、おけいさんが はぶぁないすでい!と書いてくれたように、拓郎のコンサートに出ます! いや間違えた。コンサートを見に行きます。東京でやるんだぜ。ドダ!
ああ、はぶぁ・・は2009年のツアーの副題なのです。大阪城ホールで脱線転覆沈没してしまいましたがね。
今度はそういうことの無い様に関東地方より遠くへは行かないのです。あ、すまぬすまぬの独り言でした。こそこそ。
おぉ、昨今世間を賑わせておる「ふぇいすぶっく」でござるな。
ITに疎いオヤヂが書店に行って「今ハヤリのフェイスブック(って本)くださーい!」とゆう、ホントかウソかよく分からんネタにされるやつ。

あと「味噌汁掛け」とゆえば、所謂「汁かけ飯」状態にする際、「飯in汁」にするか「汁on飯」にするか、大いに悩むところでアリマス。

以上!
『ハイライト』 吉田拓郎 カバーりょうけん WE LOVE 拓郎 ライブ 2012 つま恋 です! すまんこってす。すごすご。 晋さんありがとう。
https://www.youtube.com/watch?v=xZQFghfp_JA&feature=plcp
1
回答No.1496-040597
シーナ兄いのWEBブログ「旅する文学館」で,目黒さんがシーナ兄いの著作を最初の奴から回顧録会談していくのがある。
題名は「椎名誠の仕事- 聞き手 目黒考二」でもこの題名は嘘である。
なぜ?って。
しゃべっているのは目黒さんであって,シーナ兄いはただ合いつぢをうっているだけなのだから。
しかもほとんどの相槌が「覚えてないなぁ」とか「そうかぁ」などというものばかり。
1
回答No.1496-038991
②が妥当な線と思われますが、個人的には③をチョイスしたい気も。

ベア氏級のハイパーな迷子道を極めてみるのも一興かと。

どや?
1
回答No.1496-038976
全292件中 1 - 10件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする