遊郭・遊女が出てくる本

少し前に遊郭や遊女というものに興味を持つようになりました。書店や図書館で関連図書を見かけると、ついつい引き寄せられてしまいます。

そこで、遊郭や遊女の出てくる本でおすすめがあれば教えていただけると嬉しいです。
遊郭が舞台だったり遊女が出てくる小説(歴史ものに限らず)、当時の風俗を調べたルポやノンフィクションなど史料よりの書籍、写真集や画集など本のジャンルは何でも構いません。

ちなみに遊女に興味を持ったきっかけは宮木あや子さんの花宵道中という本です。


こちらは比較的新しい本ですが、もっと古かったり硬派な本でも「どんと来い!」です。よろしくお願いします。
  • 投稿日時 : 2011-08-03 15:52:50
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.1519-015267
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-08-26 13:14:37


遊廓というとやはりこれかと。
  • haseruさん haseru さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-30 16:53:31
この本の名前はちょくちょく目にするので、気になっていました。近いうちに読んでみようと思います。
回答ありがとうございました。
昨日読み終えた本がとても良かったです。
明治になって10年位たった頃の根津遊郭、激動の時代に乗り切れない屈託だらけの若者が主人公なのですが、時代の雰囲気がすごくよく描かれていると思います。
凛とした花魁とか、幻想的な雰囲気とか、とても素敵でした。
  • haseruさん haseru さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-30 16:50:36
凛とした花魁、幻想的な雰囲気・・・いいですね、とても気になります。
回答ありがとうございました。
  • 回答No.1519-014967
  • この回答は削除されました。
『輪違屋糸里』

『壬生義士伝』
  • haseruさん haseru さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-30 16:47:20
この本をおすすめされたのは二度目なので、これから読むのがますます楽しみです!
回答ありがとうございました。
  • 回答No.1519-014890
  • nicoさん nico さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-08-20 00:10:22
今日読了した本が面白かったので、江戸中期の吉原の気性も容貌も異なる二人の花魁の花魁人生を二人の属する大見世の楼主の視点で、12ヶ月になぞらえて描いた作品です。

ちなみにこの著者の直木賞受賞作の以下もオススメです。

吉原が舞台のミステリ。「十二月」と同じ店が舞台。
  • haseruさん haseru さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-30 16:34:28
妓楼を舞台にしたミステリは初耳なので、二作とも興味をそそられます!
回答ありがとうございました。
  • 回答No.1519-014438
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-08-12 00:08:47

どの巻かは忘れましたが、遊女・遊廓についての話がありました。
  • haseruさん haseru さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-30 16:26:09
映像化されたやつですね。原作・映像ともに見たことはないですが、機会があれば読んでみたいです
回答ありがとうございました。
  • 回答No.1519-014295
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-08-08 19:46:46


不思議な世界の妖しく幻想的な姉弟の物語。
  • haseruさん haseru さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-08 19:51:25
装丁からして妖しげな魅力が漂っていますね・・・。気になります。
回答ありがとうございました。


実際に遊郭にいた女の人たちのインタビューからできた本です。辛い話が多いです。古い本なので、図書館で探してみてください。
  • haseruさん haseru さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-07 19:42:34
歴史の中の事実としての遊郭を知ることができそうな本ですね。読んでみたいです。
回答ありがとうございました。

気負いのない好感の持てる文章で、吉原の中の日常を垣間見ることが出来ます。
はあ、なるほどねー、と思う部分と、そうは言ってもねえとー、と思う部分と、両方ですけれども。
  • haseruさん haseru さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-07 19:32:23
タイトルにとても惹かれます!ぜひ読んでみようと思います。
回答ありがとうございました。
  • 回答No.1519-013987
  • nicoさん nico さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-08-03 17:17:22

芙蓉千里

須賀しのぶ / 角川書店(角川グループパブリッシング) / 2009年7月1日

日本人が大陸の遊郭で働く成長物語です。

新撰組土方さん絡み。京都島原遊郭

吉原。高尾太夫。

吉原が舞台の伝奇小説。
  • haseruさん haseru さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-07 19:22:54
四つとも初めて知る本なので、興味津々です。
回答ありがとうございました。
全11件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする