ブクログ談話室

紺碧の艦隊と旭日の艦隊について

    未回答
  • 回答数 1件
  • 作品を語ろう
大ブームになった、架空戦記シリーズ艦隊シリーズを再読しています。 シリーズは、全巻新書版で持っており、地理の勉強になるのでときどきパラパラめくったりしております。 人物描写にかけるといわれる
このシリーズ、自分は多少くどく感じることもありますが、この本の作者が、自分になりに考えたことを書いている部分を読むのが楽しみです。 日本人とはなにかといった、問題を深く扱っているので、自分は好きなのですが、皆さんはどうでしょうか?自分は読書の幅が広がりました。
質問No.1543
みんなの回答・返信

私は、OVAからこの世界に入りました。

紺碧の艦隊 [DVD]

田中秀幸 / 徳間ジャパンコミュニケーションズ / -

「戦術⇒戦略⇒大戦略」という大高閣下の思想が政治の世界においてとても大事なことなんじゃないかと思いましたよ。
別に左か右に偏っているわけではありませんが、そういう先々のことまで考えて生きている人は、今の世の中にいるんでしょうかねぇ?
0
回答No.1543-014883
コメント 9件
コメントありがとうございます。 一件でもうれしいです。 著者は、本の中で、哲学書や文学書をたくさん紹介しているので、 紹介されている本を自分は何冊か読みました。 紹介されている本について、語り合えたら良いと思います。 私の本棚もよければ覘いてください。
J.Smithさん J.Smithさん 2011/08/31
お言葉に甘え、本棚を閲覧させていただきました。
私も原書房の「文化史」や作品社の「大全」シリーズを何冊か所有しています。
何といいますか、私、マイノリティ的なサブカルチャが大好きなんですよね。
よろしければ、こちらの本棚も見ていってください。
public-enemyさんへ
私のほうも、本棚拝見させていただきました。
作品社の「大全」シリーズを何冊か今、読んでいましたが、家族にはちょっと、白い目で見られています。
笑いwwwwwww! 自分はいたってノーマルなのに。 でも、好きなものは好きなので、これからも、いろいろと読んでいこうと思います。
J.Smithさん J.Smithさん 2011/09/01
そうなんですよねぇ。自分としては己の感性はいたってノーマルと思っているのに、興味を示す分野がマイノリティ的なものになると、その当人までそっちの気があるんじゃないかとか、犯罪者予備軍扱いされてしまうんですよねぇ。
どうも、public-enemyさん。「カリギュラ」という映画をご存知ですか?
ユーチューブで、興味半分で映像を見たときは、グロぶりにびっくりしました。
でも、歴史映画としては、よくできているそうなので、
紹介します。 軽いグロなら平気なので、本とかでそういうのがあったら、教えてください。
J.Smithさん J.Smithさん 2011/09/02
『カリギュラ』は未見ですねぇ。
ちなみに近所のTSUTAYAにはレンタル在庫はありませんでした。
作品情報を探してみましたが、どうも『時計仕掛けのオレンジ』の退廃感をかなりグレードアップした感のある作品のようですね。
J.Smithさん J.Smithさん 2011/09/02

殺人鬼 ‐‐覚醒篇 (角川文庫)

綾辻行人 / 角川書店(角川グループパブリッシング) / 2011年8月25日



私が唯一、人に薦めたいと思うスプラッタ小説です。
J.Smithさん J.Smithさん 2011/09/02

ドキュメント系ならこちら。
J.Smithさん J.Smithさん 2011/09/02
何度もすみません。
当方の本棚から「死のお勉強」という項目を選択すると、そういう類の書籍が抽出されます。
全1件中 1 - 1件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする