幽霊の起源

幽霊の起源について調べているのですがなかなか見つかりません
もし記述がある本を知っていたら教えて下さい

探しているのはスピリチュアル、心理的なものではなく
文化的に、いつ頃幽霊が民間に認識され広まって行ったのか
宗教は幽霊をどう扱っているのか 等です

日本の幽霊でも海外の幽霊でもかまいません

よろしくお願いします
  • 投稿日時 : 2011-08-14 14:00:51
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.1572-014787
  • syviさん syvi さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-08-18 03:16:26
0


有名ですが、民俗学・神話・宗教的関連からの考察には役に立つのではないでしょうか・・・
幽霊に関する記述もあったと思います

一般へはなんともいえないのですが、文学的には海外は19世紀のゴシック文学、日本なら江戸辺りで文化として花開いたと言えると思います。神話なんかにも死に関する記述はあるのでびみょうですが・・・
  • 回答No.1572-014692
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-08-16 15:15:56
0
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I115047-00
読んだ事はありませんが、それっぽい内容なのでは
なかろうか。
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I115044-00
  • 回答No.1572-014629
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-08-15 03:07:23
0
日本絵画から攻めてみるのはどう?
足がない幽霊が描かれた歴史からヒントが出るかもよ?
あとは、妖怪だったら文化的文献がかなりの量があるし、幽霊に関連する記述も出てくるんじゃないかな?
  • 清原さん 清原 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-16 11:20:15
コメントありがとうございます

文献中心に探していたので
ちょっと方法を変えるのもいいなと思いました
0
妖怪だけでなく、幽霊の解説までしっかりしてくれています。

文庫版 妖怪の理 妖怪の檻 (角川文庫)

京極夏彦 / 角川書店(角川グループパブリッシング) / 2011年7月23日

西洋も範疇に含めるならこれ。

図版たっぷり。
  • 清原さん 清原 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-15 01:09:59

コメントありがとうございます

京極夏彦さんの作品はけっこう読んでいるのですが
この本はまだなので楽しみです

幽霊は絵になっていることも多いので図解は助かります
0
質問にズバリお答えできるような本は思いつきませんでした。たぶん一冊にまとまる内容ではないと思います。
基礎的な資料としてこれを挙げておきます。具体例とエピソードを紹介したものなので、これでレポート的なものを書けるわけではないですが、唯一の「妖怪学者」である多田克己が監修しているので、幽霊の捉え方の方向性は間違っていないはずです。
  • 清原さん 清原 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-15 01:15:37
コメントありがとうございます

自分で本を探してみたところ、心理的なものしか検索結果に出て来なかったので
とてもありがたいです
読んでみますね
全5件中 1 - 5件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする