最後まで飽きずに本が読みたい!

初めまして!!!
私は昔から読む本の種類をものすごく限定してしまう癖がありまして、もっとたくさんいろんなさ作品に触れたいと思って自分の普段読まないジャンルの作品も頑張るのですが、なかなか最後まで行かなくて結局は途中でやめてしまいます。どうすればよいでしょうか?何か楽しく最後まで飽きずに読めるようなコツとかないのでしょうか?あと、できればこんな私でも最後まで読めそうなものがないでしょうか??
初心に戻って(←初心も何もないですが)楽しくいろんな本が読みたいです!!!
お願いします!!誰か教えてください!
  • 投稿日時 : 2011-08-16 20:25:53
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
そうですねぇ・・・僕の場合だと、自分自身を飽きさせないために、小説の舞台となった場所へ出かけていって「ははあ、ここが舞台となった場所かぁ~」なんて感慨に耽ったり、小説を読んでいる間、「この小説にはどんなBGMが合うかなぁ?」なんてことを考えたりしながら読むことにしています。
  • APoRoさん APoRo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-17 17:18:28
回答していただきありがとうございます!
そういう読み方も面白いですね!気晴らしにもなるからいいですね!試してみます!!
0
慣れないジャンルでとっつきにくいというのなら、ボリュームもそんなになくて、純文学だけど文章自体が面白い綿矢りさがオススメです。 逆に途中で飽きちゃって最後まで読みきれないのであれば、長いけど最後まで飽きさせないこれを読破して、達成感を味わってはいかが。
  • APoRoさん APoRo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-17 15:37:56
回答していただきありがとうございます!
どちらも面白そうですね。読んでみます!
どちらも読み終えたときには、自分の中の「読書」が変わってもっと他の物にも手を伸ばせるかもしれませんね。
  • 回答No.1579-014721
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-08-17 01:17:54
0
私も以前はミステリーばかり読んでいましたが、母の勧めで新書などを読むうちに読書の幅が広がった気がします。たとえば新書でしたら目次を見て興味のあるところだけ読むなど、読み切ることにこだわらなくても読書はできますし、途中でやめた本でも読み返したら違う印象を受けるかもしれません。いろんな本に挑戦して、自分の好きなジャンルを模索するのも読書の楽しみ方の1つと考えます。
  • APoRoさん APoRo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-17 15:32:50
回答していただきありがとうございます!
好きなジャンルを模索し、その中から他のジャンルの面白さも見出せるのかもしれませんね。やってみます!
2
読み始めた本を今すぐに読まなくてはいけないのならお薦めできない方法ですが…
合わないな、と感じたらすぐに切り上げて別の本に手を出してしまう。「合う」本に当たるまでこれを繰り返す。
結果的に一定期間で読める本に出会える確率が高くなるはずです。
で、読めなかった本は時間をおいて再挑戦してみるわけです。いま読めなくても、一ヶ月後、一年後はそうとは限らない。
読破した冊数がすべてではないですから。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-17 08:53:48
私もぴよるさんに賛成です。
以前は、読み始めたら最後まで読まなくては!という変な強迫観念に駆られて、無理やりつまらないと思う本も読んでいましたが、何かで「読破に固執する必要はない」というのを見て、合わないと思った本はやめるようにしました。面白くてやめられない!と思う本に出会うまで、どんどん別の本を手にしてみたらいいと思いますよ。
  • APoRoさん APoRo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-17 15:30:31
お二方とも、回答していただきありがとうございます!「読破」に今までこだわりすぎたあまりに、「楽しく」読書をすることができなくなったのかもしれません。一定期間をおいて再挑戦することによって、新しい発見ができて面白いと思えるようになるかもしれませんね。やってみます!
2
私も読む種類が限定しがちです(^^;
いつもと違う種類のものを読んでいる時は、自分の好きな種類に一部分でも関連があったり、好きなポイントが入っているなどの共通点がありました♪
私は、漫画の中に芥川龍之介先生の言葉が引用されていて、それがきっかけで純文学も読むようになりましたよ(笑)
でも、私は一分野のスペシャリストになるのも素敵だと思います☆やっぱり読書は楽しむのが大事ですからね♪
  • APoRoさん APoRo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-17 15:25:32
回答していただきありがとうございます!
それも一つの読み方でしたか!!それならいいかもしれません。何より自分の興味あるものじゃなきゃ楽しめませんからね。
1
短編集を集めたアンソロジー本などを読んでみてはいかがでしょうか。
短編なので途中で飽きてしまうということも少ないと思いますよ。複数の作家さんの作品が読めるので、気に入った作家さんが見つかるかもしれませんね。

Story Seller (新潮文庫)

新潮社ストーリーセラー編集部 / 新潮社 / 2009年1月28日
  • APoRoさん APoRo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-17 15:23:34
回答していただきありがとうございます!
短編集は今までに読んだことがなかったので読んでみます!案外自分にはそれの方がいいのかもしれませんね。
  • 回答No.1579-014707
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-08-16 21:10:41
2
>種類をものすごく限定してしまう
べつにいいんじゃないでしょうか?
限定せずにナンデモカンデモ読む方のほうが少数だと思いますよ。
第一楽しめなきゃ続かないでしょ
欲張らないことですね
  • APoRoさん APoRo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-08-17 15:21:07
回答していただきありがとうございます!
やはり少々欲張りすぎましたか(汗)
そうですね、楽しく読めなきゃ続きませんよね。
全7件中 1 - 7件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする