細かすぎて伝わらないハリポタの好きな場面

ハリー・ポッターシリーズの中で好きな場面はどこですか?
派手な場面ではないけどなぜかツボにハマった場面、あなただけが好きなマニアックな名場面を教えて下さい。原書、翻訳版、映画オリジナル何でも結構です。

私のお気に入りは、キングズリー・シャックルボルトが普通のスーツを着てマグルの首相の護衛をしているところ、それを見てバーノンおじさんが「あいつは信頼できる」と言うところです。
  • 投稿日時 : 2011-08-21 18:08:18
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
2作目の、蜘蛛に囲まれたロンが、「もう慌てていい?」

3作目の、叫びの屋敷から気絶してるスネイプを浮かせて運んでるシーン

5作目の、盛大にイタズラしながら出て行く双子に密かにガッツポーズするフリットウィック先生

7作目の、屋敷しもべ妖精たちを率いてホグワーツの戦いに参戦するクリーチャー
0
映画の「炎のゴブレット」最後の戦いの時、ネビルがハリーに「えら昆布」をあげる所。ネビルが薬草学が得意なことがハリーを助けたんだなぁと、いつもダメダメなネビルだけど、初めてかっこいいところを見せられて嬉しかったです。でも、原作だと、「えら昆布」発見したのって、ネビルじゃなくてドビーなんですよねー!映画た原作の意図した違いも好きです。
5
映画「アズカバン」で、狼化したルーピン先生がハリーたちのほうに来そうになったとき、スネイプ先生がとっさにハリーたちをかばうシーンが大好きです。
スネイプ先生の優しさが出ているようで・・・。
3
死の秘宝上巻の最初の方 ダドリーとハリーが初めて心を通わせたシーン。
なんであいつはいかないの?
のセリフにウルウルしました。

今までわからなかったダドリーのハリーに対する気持ちがわかり
それが最初で最後かもしれない場面で…
  • 回答No.1600-074656
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-05-20 13:51:08
2
死の秘宝で、ハーマイオニーに紳士的対応をするロン。
このシーンというより「騎士道精神の発作」を起こして、という言い回しがおかしくて好きです。
5
原作では「不死鳥の騎士団」下巻の最後、駅に皆が出迎えに来てくれている場面で、フレッド&ジョージが特別にあつらえたというドラゴン革のジャケットの描写に。

劇場版では「秘密の部屋」で、ロックハート先生との模擬戦闘の際、開始地点に向かいローブを翻すスネイプ先生の姿に。
  • 回答No.1600-073779
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-03-24 13:47:20
5
不死鳥の騎士団で、アーニー・マクミランがハリーを支持すると公言するところ。
味方がいると表明すること自体が力になるんだと、ハッとしました。
3
確か2巻のスネイプ先生の薬品棚に忍び込む時、スネイプ先生の授業中にハリーがゴイルの鍋を爆発させてその隙にハーマイオニーが忍び込むんですけど、スネイプが真っ先にハリーを睨むとハリーが「誰がやったんだろう」っていかにも不思議がる芝居をしたところです。
ハリーのしたたかさに笑いました。
  • 回答No.1600-067510
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-05-02 22:02:42
5
ネビルのおばあちゃん!「そうでしょうとも」が好き。その一言だけで、ネビルのできなさ加減にため息をつき、ガミガミ叱りつけていたのは、息子夫婦の忘れ形見に、溢れる期待と信頼を持ち続けていたからなんだなぁとさえ、思いました。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-08-06 18:07:05
ラスト、組み分け帽子からネビルがブリフィンドールの剣を引き抜いたシーン。涙がでました。真に勇気あるもの…
4
謎のプリンス下巻、ダンブルドアの葬儀のシーンで、トンクスがリーマスと手をつないでいるところです。彼女の髪色がピンクに戻ったのも。
世界中の魔法使いが喪に服し、これからの魔法界を不安に感じているときに、彼女は世界一幸せな気分だったのでしょう。
全53件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする