ホラーメインではなく妖怪がでてくる現代が舞台の小説

ここ最近妖怪などがでてくる小説にはまっているのですが、現代(できれば日本)が舞台でなにかお勧めの小説はありますか?
趣向としてはキャラクターを楽しめる作品が好きです。

ちなみにここ最近に読んだものは

『妖怪アパートの幽雅な日常』
『化物語』シリーズ
『薬屋探偵妖綺談』シリーズ
『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』

などです
  • 投稿日時 : 2011-08-27 21:59:53
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0

結構古い作品ですが、麒麟など、人に化けた妖怪たちが活躍するアウトローノベルです。
  • 回答No.1636-015378
  • nicoさん nico さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-08-28 08:34:29
0
座敷童ものは沢山ありますよね。

家族再生のお話です。時代が現代でキャラクターものというとなかなか思いつきませんが、小説でなく、漫画なら談話室でもよくオススメされてますが、これは面白いです。

漫画だとあと「ぬらりひょんの孫」とか・・・。
0
現代というよりも、戦後しばらくしてからの日本が舞台です。説明はしにくいのですが、妖怪が直接出てくるわけではなく、古書店主 兼 神主(陰陽師)兼 憑き物落としの探偵(?)が主人公の、妖怪の蘊蓄満載の人気シリーズです。
0

妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず

榎田ユウリ / 角川書店(角川グループパブリッシング) / 2009年12月25日


こんなのはどうでしょうか。
推理小説です。
作中では「妖怪」とは呼んでないんですけど(わかりにくい言い方をしてすみません)、座敷童とか、あずきとぎとか出てきます。
全4件中 1 - 4件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする