子供時代から読書好きだった方、読書感想文は得意でしたか?

  • 質問No.1667
  • seimiyaさん seimiya さんからの質問
  • カテゴリー : 雑談
子供の頃から読書が好きだった方に質問です。

学校の夏休みの宿題などで出された読書感想文。
得意でしたか?

私は苦手でした。
本はたくさん読んでいて
読むたびにわくわくしたり悲しくなったり
色々な感想を心の中に持ってはいたのですが
それを作文という形で表現するのが苦手な子供でした。
内向的な性格のせいもあるかもしれませんが。。。

大人になってからは、なぜだか分かりませんが
文章を書いて表現することが好きになりました。

みなさんの子供時代はどうだったのか、
大人になった今はどうなのか、
教えていただけたら嬉しいです。

  • 投稿日時 : 2011-09-03 19:14:54
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

苦手でした。
今でも苦手です。
友達と語り合うのは好きなのに、文章では伝えたい事の半分も上手く伝えられません。
いつか書くことも好きになれたらいいなと。
  • 回答No.1667-020640
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-10-29 19:38:34
私も同じく苦手でした。
いくらおもしろい本だったとしても、自分の中で、あ~おもしろかった~って完結してしまって、それを作文にする意味がよく分らなくて、何を書いたらいいのか全く分りませんでした。
私も内向的でしたが、上手い下手は別として好きでした。こんな話だよ、面白かったよ!という思いの丈を書きまくり、むしろ、
「1冊だけなんて決められない」とか、
「(ドリルや自由研究が苦手なので)その分が全部感想文だったらいいのに!」
と思ってたのを覚えています。点数をつける宿題ではないので気楽だったのかも。
大人になってもあまり変わらないですね。簡潔な文章力が欲しいといつも思います(苦笑)
作家さんには大変失礼なのでしょうけれど、読書感想文だというのに、勝手に続きを妄想して書いたりして、先生に叱られ、「?、?」となっているような阿呆の子でした。
「読書感想文だ!」という意識もあまりなく「すきなこと書いていいんだよね?」と半分回路のショートした子どもでしたが、今は文章を書く事の多い環境で、無事きちんと出来るようになった、と思います(定かではありませんけども・・・)
  • 回答No.1667-019275
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-10-20 13:20:33
苦手でした。今も変わらずです。
意気揚々と書いてもあまり評価がよくなかった残念な子でした。最初は浅く広く感想があってまとめきれず散漫な文章になってしまった記憶が。そのうち評価を貰える感想文を書こうとヘンに頭で考えようとして以来、書くのがつまらなくなってしまって小学生以降は書いてないような…?大人になっても文章は書きますが相変わらず客観視出来ていません。
私も苦手でした。
1日1~2冊は読んでいたと思いますが、
単純に物語の世界を楽しんでいただけでで
いちいちどういうところが好きだったのか分析なんかしませんから…
また、自分の気持ちを人に見せるのが苦手というのもありました。

いまだに苦手で、ブクログでもあまり感想は書いていません。
どちらかというと苦手でした。
自分の思った通りの感想を文章に表現するのが難しくて、いつも悩んでいた覚えがあります。
高校時代にそれまでとは視点を変えて、感じたことに対して思ったことを箇条書きみたいにするようにしてからは、なんとか書けるようになりましたが…。
多分、今でも苦手だと思います。
すごく苦手でした!
「面白い」という言葉にしてしまうと、たった一言だけど、その一言が持つ様々な「面白い」を表現できなかった。うまく書けなくて、とてももどかしかった記憶があります。
今でも上達しているわけではないんですが・・・
苦手でしたね。
読書量はクラスで群を抜いてましたし、文章を書くのも大得意でしたが、それど読書感想文は別(笑)

面白かった!とは思うけれど、何故面白かったのか、というところまで考えられない子供だったので、毎度頭を悩ませていました。気付けばいつも「感想文」というより「分析・評論」になってしまって、先生方からの評価はすごく低かったです(笑)
全40件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする