お腹の底から元気が湧く本

こんにちは。読むと元気が湧く本の紹介をよろしくお願いします。

とは言っても、いわゆる「痛快!」「わくわく、どきどき」なもの、あるいは「血が沸く」「熱い」といったものではなく・・・。
主人公が何かを考え、葛藤し、悩んだ末に、それでもふつふつとお腹の底から何かしら明るいものが湧く本、が希望なのです。

私が今まで読んだ中で言うと、こんな感じです↓




古今東西は問いませんが、できればフィクションでお願いします。
  • 投稿日時 : 2011-09-10 19:02:46
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
私にとって、ジョン・アーヴィングの作品はどれもがそうなのですが、


は、特にそれを感じます。
「自分のルールは自分で決める」と思い至る、主人公、孤児のホーマー。
  • 抽斗さん 抽斗 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-09-13 21:54:51
アヴォカドさんの本棚、いつも参考にさせていただいています(^^)!

アーヴィングは『第四の手』を、うーんうーんと首を傾げながら読んだので、ちょっと不安ではあるのですが・・・
皆さんの感想を見て、チャレンジしてみようと思いました。
『第四』とはまた全然違ったタイプのお話のようですし。。

回答ありがとうございました!
1
マンガはお読みになられない方なのかな。
でも、質問を読みながら、私的にぴったりきたものがあったので。
プラネテス 幸村誠 です。
  • 抽斗さん 抽斗 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-09-11 12:37:55
回答どうもありがとうございます(*^^*)。

漫画は最近読んでいないのですが、好きです。
実は幸村誠さんもお名前だけいろいろなところで見かけていて、気になっている漫画家さんでした。

皆さんのレビューを見てみましたところ、かなり期待ができそうでわくわく。
全4巻とのことですし、本屋さんで探してみたいと思います!
全2件中 1 - 2件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする