このミス2012 ランクイン予想をしませんか?

今年も残すところ三ヶ月と少し。

そろそろ年末の『このミス』やら『文春ミステリ10』やらが気になる頃ですが、
「これはどちらかに確実にランクインしてるはず!!!」というミステリ(広義の)を推薦してください。

国内、海外どちらでもかまいません。
トップ10全部でも、一冊だけの推薦でもOK

私は国内ものは殆ど読んでいないのでアレなのですが、もはや定番の東野圭吾のどれかと辻村深月の「オーダーメイド殺人クラブ」あたりがランクインしているのかな?と思っています。

海外編はこれくらいでしょうか。。。




  • 投稿日時 : 2011-09-21 14:33:13
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

期限はいつまででしたっけね?10月発行はOKでしたっけ?
これもいれたい!です。
10月14日書店発売の

は、「このミス」の選考には間に合わないかな?

でも話題性は抜群。
「文春ミステリ10」には入りそうですね。
  • 回答No.1753-018048
  • YUMIさん YUMI さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-10-06 20:58:15
個人的に今年No1の、
「開かせていただき光栄です」は入っていて欲しいです。
「ユリゴコロ」も可能性ありそうかな?

後、読んでいないのですが、話題になっている
「ジェノサイド」
「マスカレード・ホテル」
この2作品はランクインしてそうですね。
  • Spenthさん Spenth さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-10-06 22:23:25
『開かせていただき光栄です』は評判良いですね。
読まなくちゃ。

『ジェノサイド』は手堅い気がします。
  • 回答No.1753-017015
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-09-22 12:17:44
語れるほど読んでいないので、スルーしようかと思ったんですが、一点だけごめんなさい。
実は、ちょうど昨日、「オーダーメイド殺人クラブ」を読み終えたところです。すごく良かった~。
……でもこれ、ミステリじゃないですよ。
とはいえ、ランクインはするのかもしれないですが……。(今、見たらアマゾンでミステリのカテゴリに入ってました。なんか腑に落ちないです)
  • Spenthさん Spenth さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-09-22 14:01:46
「このミス」ってミステリの定義がすご〜く広いですよね。

多分昨年1位の『悪の教典』なんかも同じ感じですよね。
ジャンルでいうならミステリというよりは、ピカレスクだし(笑)

でも、今や殆どがジャンルミックス。狭義に拘泥すれば、面白さの幅も深さも狭まるような気もするんですよね。
「このミス」選考サイドも、同様のスタンスなのでは?
  • Spenthさん Spenth さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-09-21 23:37:10
ああ、「折れた〜」は出版が年末だったので、去年入っていないんでしたっけ?

『聞かせていただき〜』は面白そう!
舞台が18世紀のロンドンなんですね。
未読なのですが、早速購入本リストに入れなくちゃ。
  • Spenthさん Spenth さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-09-21 23:30:08
『暗い鏡の中に』は確か再翻訳版だったような。。。
でも今年出版された本だから関係ないのかな。
好評ですよね!
読みたいなと思っています。
その年に出た単行本をそれほど多く読まないのですが…。

周りの評判がすこぶる良いのはこれ。

ジェノサイド

高野和明 / 角川書店(角川グループパブリッシング) / 2011年3月30日


僕が読んで面白かったのはこれです。どちらもミステリの中でも、ハラハラものですね。
  • Spenthさん Spenth さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-09-21 23:25:04
あ、『ジェノサイド』は濃厚ですね。
これは面白かったです!

貴志さんの『ダークゾーン』未読ですが、やぱりホラー路線なのでしょうか?
全8件中 1 - 8件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする