旅と小説

たまたま手にした本をきっかけに、旅に出たくなる。
逆に旅行に行く前に、その土地が舞台になった小説を読む。

そんな本を紹介して下さい。

海外でも国内でも、またひとつの街や国が舞台になっている物語でも、ロードノベルでも結構です。

できれば旅のエピソードと一緒に。
  • 投稿日時 : 2011-10-11 23:53:08
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.1839-019477
  • mintさん mint さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-10-21 19:40:05
1

今まで何と無駄な海外旅行をしていたんだろうか、と考えさせられた本です。タイトルは紀行ですが、どちらかと言えばハワイの文化・言語について比重が重く語られています。ハワイに行く前はもちろん、帰ってきてからも充分に楽しめる本だと思います。
0
他の方も書かれていますが、イタリアに行く前には塩野七生さんの著作は必読です。その方がより旅行を楽しめます。例えばボルジア家を知らなかったら、ヴァティカンに行ってもボルジアの間をスルーするでしょう。昔、年末年始をフィレンツェで過ごしたことがありますが、元旦はどこも閉館状態だったので、他に観光できる場所を探したら、フェラーラがあり、列車で行ってみたら塩野さんの著作通り霧が立ち込めた街で、感動しました。
0


これを読んでロシア革命&ロマノフ家の最期を知り、猛烈にロシアに憧れ、ついにサンクト・ペテルブルグ行きを実現させました。ネヴァ河沿いの冬宮やエルミタージュを見た時にはもう大感激でした!


こちらも同じロシア宮廷ものです。サンクト・ペテルブルグに行く前にお勧めです。
0
実際に旅には行っておりませんが、イタリアに行ってみたい!と真剣に思うようになった2冊を紹介します。

池上英洋「イタリア 24の都市の物語」
イタリアには魅力的な都市が沢山ありますが、24の都市にまつわるお話を人・芸術・歴史などの観点から描いた魅力的な作品です。

塩野七生「海の都の物語」
ヴェネチアが誕生してから、ナポレオン軍に攻められ滅亡するまでの1千年の歴史が描かれています。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-10-22 20:25:25
塩野さんの一連の著作は、イタリア関連の本の中では定番ですね。

池上英洋さん、知らない作家さんですが一度読んでみたいです。
イタリアも街並み散策も大好きなので、都市の解説の本も面白そうです。
  • 回答No.1839-018385
  • この回答は削除されました。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-10-12 03:17:13
ごめんなさい、折角コメントいただいたのですが、本のリンクがうまく表示されないみたいです。
  • syviさん syvi さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-10-13 13:37:19
こういうのお節介なんだろうなぁと思いつつ
この名無しさんは「今までに同じ様な内容で質問上がってますから、質問する前に検索かけましょう」って事で、該当の質問板をあげていらっしゃるのでは・・・
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-10-13 14:28:07
↑ ないすふぉろお
全5件中 1 - 5件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする