旅本で普通とはちょっと違う本

普通の旅本じゃつまらない!
旅行が大好きなので旅本を読むのが大好きなのですが、
ガイドブックや旅本で一味違った個性的な本が
あれば教えてください。
ぜひ、旅先でも読めるような♪
  • 投稿日時 : 2011-10-22 19:25:38
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加




男性目線のパリとゆる〜い画がたのしい




世界一周もすれば日常も普通じゃない
ことりっぷシリーズはかわいかったです。


ことりっぷ 海外版 パリ (旅行ガイド)

昭文社 旅行ガイドブック 編集部 / 昭文社 / 2011年12月16日



網羅した情報ではなく、厳選された情報が臨場感たっぷりに記載されていて、旅本というよりむしろエッセイ。読みものや2冊目にお薦め。

ミリさんの力の抜け具合が大好きです。
旅先で無理に交流しようとしないところとか。


イタリア、ギリシャに行った気になってしまいます。
これを読むとEUの財政危機もより興味深く感じます。
ボリュームもあるので旅のお供にもしています。

 基本は「事件+歴史」ミステリですが、全国の寺社仏閣を見物しているので、ガイドブックに書かれていないことを知ることができる「副読本」としても使えます。



 修学旅行先の定番、「京都」。定番だからと言って、知らずに行くのと知ってから行くのとでは、旅先での興奮は段違い!



 オカルトや宗教大好きな自称「神仏ゴシップ記者」が、謎と不思議を求めて日本中を東奔西走!
 全く怖くないオカルト紀行エッセイ。

 加門さんのエッセイには、その類の話題が本当に多いです。


どちらも塩野七生さんの『ローマ人の物語』にはまった人向けの旅本ですが、イタリアに限らず古代ローマ遺跡がある土地に旅行に行かれる方にはお勧めです。


こちらは青池保子さんの名作『エロイカより愛をこめて』に出てきた舞台(場所)が紹介されている、かなりマニアックな本です(笑)。エーベルバッハ少佐は任務で世界中を駆け回っているので。
高野秀行さんは辺境を選んだり目的が他と違うので、面白いです。

女優・片桐はいりさんの、フィンランド旅行記。
一味もふた味も変わった方の作品で、とても楽しく読めました。
全10件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする